災害救護

HOME > 災害救護 > 救護活動記録 > 熊本地震

平成28年4月 熊本地震

平成28年4月14日に発生した熊本県熊本地方を震源とする最大震度7の地震以降、熊本県、大分県を中心に相次いで地震が発生し、熊本県、大分県などで大きな被害が出ました。

当院では4月14日以降、情報収集を行ってきましたが、4月16日に発生した震度7の地震を受けて関係機関と調整し、4月18日から熊本県へ救護班1班を派遣しました。

横浜市と熊本県は約1,200km離れており、当院の救護班派遣としては、これまでで最も遠方への派遣となりました。

往路は有明ふ頭(東京)から徳島港を経由して新門司港(福岡)までフェリーで移動し、そこから救急車等の車両3台で熊本を目指しました。

復路は、一部の班員は福岡空港から飛行機で帰院し、残りの班員は救急車等の車両で帰院しました。

派遣期間 平成28年4月18日~24日
派遣人員 救護班7名(医師2名、看護師3名、主事2名)
神奈川県支部職員1名、神奈川県救護赤十字奉仕団1名
派遣先 熊本県熊本市、上益城郡益城町、阿蘇郡南阿蘇村
活動内容 益城間市総合体育館及び南阿蘇中学校避難所での医療救護活動、熊本赤十字病院の救急外来業務支援

ページTOPへ