外来のご案内

HOME > 外来のご案内 > 禁煙外来

禁煙外来

禁煙外来とは

禁煙外来とは、喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、「ニコチン依存症」という病気としてとらえ、必要な治療を行うものです。一定の基準を満たしていれば、どなたでも健康保険を使用して受診できますので、タバコをやめたいと思っている方は是非ご受診ください。

当院の禁煙外来について

外来実施日
隔週水曜日 午後3時から4時
年間の予定表はこちら

受付方法
完全予約制となっております。事前説明などがありますので、お電話にてお問い合わせください。

禁煙治療の対象となる方

  • 1.

    ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト (TDS)によりニコチン依存症と診断された方

  • 2.

    〈1日の喫煙本数〉×〈喫煙年数〉が200以上の方

  • 3.

    すぐに禁煙したいと思っている方

  • 4.

    禁煙治療を受けることを文書により同意された方

上記4要件をすべて満たす方が対象となります。

〈ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)〉

はい
1点
いいえ
0点
Q1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くのタバコを吸ってしまうことがありましたか。
Q2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
Q3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
Q4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
イライラ・眠気・神経質・胃のむかつき・落ち着かない・脈が遅い・集中しにくい・手のふるえ・ゆううつ・食欲または体重増加・頭痛
Q5 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
Q6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
Q7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
Q8 タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
Q9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
Q10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。
合  計

治療の流れ
初回診察で禁煙開始日を決定し、1回目の診察から2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の
計5回、禁煙の実行継続のための治療を行います。

受 診 時 期 治 療 内 容
初回診療 禁煙治療のための条件の確認
初診から2回目(2週間後) ① 診察
② 呼気一酸化炭素濃度の測定
③ 禁煙実行
④ 禁煙補助薬の処方
初診から3回目(4週間後)
初診から4回目(8週間後)
初診から5回目(12週間後)
禁煙治療を受ける際の注意点
  • 禁煙外来は外来患者さんのみが対象です。
  • 患者さんの都合で受診できなかった場合は、治療中止となります。
  • 禁煙外来受診中に入院された場合は、禁煙治療は中止となりますので、ご注意ください。
  • 中断後に再度治療を希望された場合は、初回診察から起算して1年を超えなければ、保険診療は受けられません。
  • 担当医は当番制です。
  • 薬の副作用が強い場合は、治療を中止することがあります。
  • 当院の禁煙外来は完全予約制です。まずはお電話にてご連絡ください。

禁煙補助薬について
当院では、禁煙のための補助薬としてバレニクリン(チャンピックス)、ニコチンパッチを使用しております。これらの薬が禁煙後の離脱症状を抑え、禁煙を助けてくれます。
※ニコチンガムは、当院では処方いたしません。

禁煙治療にかかる費用(全5回の目安)
バレニクリン(チャンピックス)…約17,000円
ニコチンパッチ        …約12,000円
※処方内容等により前後する可能性があります。

禁煙外来に関するお問い合わせ先

呼吸器内科外来
TEL:045-628-6100
FAX:045-628-6101
<受付時間>
平日 午前8時30分~午後4時

ページTOPへ