血液内科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 血液内科

ページメニュー

専門分野

貧血・白血病・ 悪性リンパ腫・骨髄腫・幹細胞移植

紹介文

血液内科の紹介と実績

s34_13660097828607.jpg s34_13660097828615.gif

血液内科は、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄増殖性疾患などの造血器腫瘍、再生不良性貧血、血小板減少性紫斑病などを中心に、血液の病気全般にわたって診療しています。血液疾患は内科系で扱う腫瘍のうちで、治癒をめざせるのが大きな特徴です。従来の化学療法、幹細胞移植(骨髄、末梢血、臍帯血)に加え、分子標的療法、モノクローナル抗体、プロテアソーム阻害薬、免疫調節薬などの新たな作用機序の薬剤が急速に進歩しており、今まで難治と考えられていた患者さんも、治癒可能になりつつあります。
当院は、地域がん診療連携拠点病院であり、病棟には、個室の無菌室8床、最新型の幹細胞分離装置1台を備え、末梢血幹細胞移植を行っています。5階には景色のよい24床の外来化学療法センターがあり、PET/CTも備えています。当院は、日本血液学会研修施設、臨床腫瘍学会研修施設、日本がん治療認定医機構認定施設に認定されています。
血液内科のスタッフは、日本血液学会認定血液専門医・指導医・代議員、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医、東京医科歯科大学臨床教授を含む血液内科医師4名、がん化学療法看護認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師、化学療法センター、放射線科、歯科口腔外科、緩和ケアチーム、リハビリ、検査技師、栄養士、ソーシャルワーカーからなるチームで、入院・外来患者さんの治療と支援を行います。
各血液疾患の治療については、国際的に確立している標準的治療法を行います。さらに悪性リンパ腫や多発性骨髄腫に対しては、自己末梢血幹細胞移植を取り入れた大量化学療法を行っています。白血病については、Japan Adult Leukemia Study Group (JALSG)の多施設共同臨床試験に加入しており、エビデンスに基づいた最先端の高度医療をめざします。
2012年度から2016年度の実績なども含め、詳しくは次のボタンをクリックしてください。

2016年度
入院患者数:392(人)
入院日数:16.5日
【内訳】
 急性白血病:66(人)
 悪性リンパ腫:183
 多発性骨髄腫:29
 骨髄異形成症候群:15
 慢性白血病:19
 骨髄増殖性疾患:10
 血小板減少症:11
 血友病:1
 再生不良性貧血:45
 貧血:9

2015年度
入院患者数:362(人)
入院日数:17.9日
【内訳】
 急性白血病:65(人)
 悪性リンパ腫:180
 多発性骨髄腫:24
 骨髄異形成症候群:40
 慢性白血病:7
 骨髄増殖性疾患:1
 血小板減少症:11
 血友病:3
 再生不良性貧血:11
 貧血:17

血液内科の業績(がんセンター業績集より抜粋)

当院のがんセンター業績集(2005~2014年)から、血液内科の業績を抜粋します。

患者さんへー血液内科のご紹介と血液の病気について

s34_13660098483912.jpg s34_13660098483919.gif

血液の病気は、貧血、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、血小板減少性紫斑病、骨髄異形成症候群などで、名前からしてむずかしい病名のものが多いです。そこで、血液内科のご紹介と、血液の病気のご説明を簡単にしましょう。イラスト入りの説明や病気についてのリンク先は、下のボタンをクリックすると見られます。

血液検査の略語と説明(血液内科向け)

s34_13660099027164.jpg s34_13660099027171.gif

血液内科の病気は、採血の検査で診断され、治療の効果が数字でわかります。採血の検査結果は略語が多く、いったい何の検査で、どういう意味なのかわかりにくいと思います。そこで、血液内科の病気を中心に検査の略語・説明文を作りました。ご参考にしてください。
患者さんには、検査結果を見ていただき、ご自分の病状を理解して、治療に参加して頂くように役立てています。

医師紹介 (医長以上)

院長補佐/部長/化学療法センター長 山本 晃(やまもと こう)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

白血病
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫
骨髄異形成症候群
再生不良性貧血
血小板減少性紫斑病
造血幹細胞移植

専門医・認定医・指導医

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本血液学会認定血液専門医・指導医・代議員
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
東京医科歯科大学臨床教授

診療実績

2015年度 診療実績

入院患者数 362人
疾患名 急性白血病:      65(人)
急性リンパ腫:     180
多発性骨髄腫:     24
骨髄異形成症候群:   40
慢性白血病:      7
骨髄増殖性疾患:    1
血小板減少症:     11
血友病:        3
再生不良性貧血:    11
貧血:         17
入院患者数
362人
疾患名
急性白血病:      65(人)
急性リンパ腫:     180
多発性骨髄腫:     24
骨髄異形成症候群:   40
慢性白血病:      7
骨髄増殖性疾患:    1
血小板減少症:     11
血友病:        3
再生不良性貧血:    11
貧血:         17

2014年度 診療実績

入院患者数        345人
疾患名 急性白血病:      61(人)
悪性リンパ腫:     137
多発性骨髄腫:     36
骨髄異形成症候群:   53
慢性白血病:      8
骨髄増殖性疾患:    3
再生不良性貧血:    17
貧血:         13
血小板減少症:     14
血友病:        3
入院日数 21.5日
入院患者数
       345人
疾患名
急性白血病:      61(人)
悪性リンパ腫:     137
多発性骨髄腫:     36
骨髄異形成症候群:   53
慢性白血病:      8
骨髄増殖性疾患:    3
再生不良性貧血:    17
貧血:         13
血小板減少症:     14
血友病:        3
入院日数
21.5日

2012年度 診療実績

入院患者数        251人
疾患名 (内訳)
 悪性リンパ腫     92例
 急性白血病      58例
 多発性骨髄腫     36例
 骨髄異形成症候群   20例
 再生不良性貧血    7例
 骨髄増殖性疾患    3例
 慢性骨髄性白血病   8例
 貧血         10例
 血小板減少性紫斑病
  (ITP)        13例
 血友病        4例
 感染症その他     4例
入院日数 25.0日
入院患者数
       251人
疾患名
(内訳)
 悪性リンパ腫     92例
 急性白血病      58例
 多発性骨髄腫     36例
 骨髄異形成症候群   20例
 再生不良性貧血    7例
 骨髄増殖性疾患    3例
 慢性骨髄性白血病   8例
 貧血         10例
 血小板減少性紫斑病
  (ITP)        13例
 血友病        4例
 感染症その他     4例
入院日数
25.0日

ページTOPへ