リハビリテーション科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > リハビリテーション科

リハビリテーションセンターホームページはこちら

ページメニュー

専門分野

リハビリテーション一般・義肢装具

紹介文

 リハビリテーション(リハ)科では、高機能の地域拠点総合病院、救命・救急病院のリハ部門として、超急性期から全科の入院患者さんに対してリハを実施しています。
 対象となる疾患は、脳梗塞・脳出血などの脳血管疾患や、骨関節疾患などの整形外科疾患が多いのですが、神経筋疾患、四肢切断、脊髄損傷、心疾患、呼吸器疾患、廃用症候群などさまざまです。ICU・HCU・CCUの重症患者さんにも早期から積極的にリハ治療をおこなっています。
 また、がん患者さんに対する「がんのリハビリテーション」も、手術前から手術後、緩和ケア期まで包括的なリハ治療を提供しています。嚥下障害の患者さんには、嚥下内視鏡や嚥下造影検査の上で嚥下訓練を、切断の患者さんには義肢・装具の診察もおこなっています。
 当院は各診療科で専門性の高い先進的医療をおこなっていますので、その治療効果を高めるために、各診療科と連携を密にとり、患者さんがより早く、かつより良い状態で在宅・社会復帰できることを目指しています。平成24年度からは土曜日の入院リハ治療も開始しました。
 当科のスタッフは、日本リハ医学会認定の専門医2名の他、理学療法士17名、作業療法士6名、言語聴覚士5名が科の内外の専門職と連携してチーム医療を展開しています。
 施設基準は、脳血管疾患等リハⅠ、運動器リハⅠ、呼吸器リハⅠ、心大血管疾患リハⅠ、がん患者リハを取得しています。また、日本リハビリ医学会の研修施設にもなっています。

医師紹介 (医長以上)

リハビリテーションセンター長 新井 雅信(あらい まさのぶ)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

リハビリテーション医学
神経内科

専門医・認定医・指導医

日本リハビリテーション医学会認定臨床医・リハビリテーション科専門医・指導責任者
日本神経学会認定医・専門医・指導医
日本内科学会認定内科医

部長 松本 卓(まつもと たかし)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

神経内科、内科

専門医・認定医・指導医

日本リハビリテーション医学会専門医
日本神経学会認定医・専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
東京医科歯科大学臨床准教授

診療実績

2013年度 診療実績

入院患者数 0人
外来患者数 延べ 6,365人
疾患名 脳梗塞、脳出血、大腿骨頸部骨折、変形性膝関節症、廃用症候群、慢性呼吸不全、脊髄損傷、パーキンソン病、腰椎圧迫骨折、肺炎、橈骨遠位端骨折、半月板損傷、顔面神経麻痺、前十字靭帯損傷、肺がん、骨盤骨折、脊柱管狭窄症、変形性股関節症、脳腫瘍、肩関節腱板損傷
詳細 ○入院患者数(延べ) 62,162人
(内訳)
・理学療法   39,308人
・作業療法   11,842人
・言語聴覚療法 11,012人

○外来患者数(延べ)6,365人
(内訳)
・理学療法    4,484人
・作業療法    1,805人
・言語聴覚療法     76人
入院患者数
0人
外来患者数
延べ 6,365人
疾患名
脳梗塞、脳出血、大腿骨頸部骨折、変形性膝関節症、廃用症候群、慢性呼吸不全、脊髄損傷、パーキンソン病、腰椎圧迫骨折、肺炎、橈骨遠位端骨折、半月板損傷、顔面神経麻痺、前十字靭帯損傷、肺がん、骨盤骨折、脊柱管狭窄症、変形性股関節症、脳腫瘍、肩関節腱板損傷
詳細
○入院患者数(延べ) 62,162人
(内訳)
・理学療法   39,308人
・作業療法   11,842人
・言語聴覚療法 11,012人

○外来患者数(延べ)6,365人
(内訳)
・理学療法    4,484人
・作業療法    1,805人
・言語聴覚療法     76人

ページTOPへ