皮膚科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 皮膚科

ページメニュー

専門分野

皮膚アレルギー免疫疾患・皮膚科全般

紹介文

皮膚科紹介文



各医師は豊富な臨床経験を有しており、老若男女、症状の軽重を問わず皮膚の異常の相談窓口としての役割を担っています。
基本的にあらゆる皮膚疾患に対応しておりますが、いくつか重点的に診察している疾患があります。
1. アトピー性皮膚炎 当病院内にはアレルギーセンターが設置されており、各種アレルギー検査を行うと同時に患者さんに適した外用剤、内服薬などを駆使し症状の改善を図っています。また症状が重い方の治療あるいは日用品や日常生活などに潜む皮膚炎の増悪因子を検討する目的で入院治療も行っています。当病院には院内学級が併設されており学童の皆さんの入院治療にも対応できます。

2. 内臓の異常を伴う皮膚病変 皮膚は内臓の鏡ともよばれ、内臓の様々な異常が皮膚の表面に現れることが知られています。これらの内臓の異常には癌や感染症、リウマチなどの膠原病、アレルギーなどがありますが、当院では皮膚の観察と様々な検査を行うことを通じ、これらの異常の発見することに力を入れています。内臓の異状によって皮膚に現れる症状には単純な痒みから、ひどい発疹まで色々ありますのでまずは当院を受診され、ご相談されることをお勧めいたします。

3. 帯状疱疹 子供の頃にミズボウソウにかかるとその原因ウイルスが一部体内に残ることが知られていますが、後にそのウイルスが再度増殖し、体の一部に発疹が出てくるのがこの病気です。痛みを伴うことが特徴で、早期に治療しないと痛みが残ってしまうことがあります。当院では積極的にミズボウソウウイルスを消滅させる治療法を採用しており、早期治療、痛みを残さない治療をめざしています。

4. 皮膚の感染症 麻疹(はしか)、水痘(みずぼうそう)など発熱を伴って全身に発疹が出てくる疾患、細菌が入ったために皮膚が腫れ上がる蜂窩織炎という感染症などの治療を行います。もちろん症状が重い場合には入院治療も行います。

5. 皮膚の腫瘍(できもの) 皮膚には様々な腫瘍ができますが、当科では発疹の観察に加えCT、MRI、超音波検査などの画像検査、デルマトスコープなどを用いこれらの診断を行っています。その結果に応じ手術、レーザー治療などを選択しています。よく見られる皮膚腫瘍の他、皮膚の悪性リンパ腫など稀な疾患の診療も得意としています。

6. 熱傷 小さい熱傷から手術を要する熱傷まで幅広く扱っています。

7. そのほか難治性皮膚疾患 乾癬、類乾癬、皮膚潰瘍(下腿潰瘍)など難治とされる皮膚疾患の診断、治療を行います。

これらの疾患を含め皮膚科専門医の立場から患者さんに適切な診療を提供するよう研鑚をつんでおりますので、お気軽にご相談ください。


医師紹介 (医長以上)

部長 渡邊 憲(わたなべ けん)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

皮膚科一般

専門医・認定医・指導医

日本皮膚科学会皮膚科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・認定指導医

年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
新患者数 1,722 1,634 1,430
紹介患者数 512 539 612
逆紹介患者数 150 513 495
新入院数 121 168 147
在院日数 12.0 9.7 7.8
手術件数 109 157 164

ページTOPへ