外科(救急外科、食道・胃外科、大腸外科、肝・胆・膵外科)

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 外科(救急外科、食道・胃外科、大腸外科、肝・胆・膵外科)

ページメニュー

専門分野

消化器外科・一般外科

紹介文

外科紹介文

当科では、2005年の開院以来、消化器外科、乳腺外科を専門領域として、乳腺、甲状腺、食道、胃、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓、ヘルニア、痔疾患などの外科手術全般において、それぞれの分野でも最新の知識と技術を誇る専門家を配置し、常に最高レベルの医療をご提供することを目指してまいりました。
当院は2012年4月に地域がん診療連携拠点病院に指定され、がんセンターを設立し、個々の癌腫の治療において、内科、外科、放射線科、病理部等が共同しておこなう診療体制の整備をはかっております。
2013年4月には、乳腺外科が独立し、外科では消化器外科および一般外科を担当する科となりました。外科は10名の常勤スタッフと2名の非常勤スタッフで日々の診療にあたっております。外科は、食道、胃疾患を取り扱う食道・胃外科(小野副部長)、大腸疾患を取り扱う大腸外科(渡部医長)、肝胆膵疾患を取り扱う肝臓外科(杉田部長)、およびヘルニア等、良性一般疾患を取り扱う外科(杉田部長、兼任)と、細分化を図り、より専門性の高い医療を提供することを目指しております。
さらに、当院では救急医療に力を入れているため、2014年4月より、救急外科部長として馬場部長が赴任し、体制の強化に努めております。
以下、外科の各専門科について、ご説明いたします。

食道・胃外科

食道・胃外科では、上部消化管(胃および食道)の疾患を取り扱っています。当院では、食道癌および胃癌治療ガイドラインに沿って基本的に診療を行っていますが、治療成績の向上を目指して随時、最新の治療方針、手術手技の導入をはかっています。
食道がんは、食物の通過障害により発見されることが多く、発見時、進行がんで、周囲臓器への浸潤が認められ、根治切除が不能な場合が多い疾患です。これら症例に対し、放射線科と連携して放射線化学療法を行い、治療効果を上げています。放射線化学療法により根治切除が可能となる場合や、放射線化学療法のみで治癒する患者さんも多くなっています。上記治療でも通過障害が残った場合は、内視鏡的拡張術やステント挿入術等を行い、食事摂取の改善を目指しています。
わが国の消化器がんの中で最も多い胃がんですが、その中でも多い進行胃がんに対しては、抗がん剤を術後(一部の進行がんでは術前)に投与して、治療成績の改善を図っています。また、早期がんでは、小さい切開創で患者さんの負担も少なく、術後の回復が早い腹腔鏡(補助)下の胃切除術を行っています。当院では年間50例以上の胃切除術を行っており、2011年度からは年間7例に腹腔鏡下胃切除術を行い、症例数も順次増えております。2013年度からは、腹腔鏡下手術の十分な経験を積んだ、術前診断でリンパ節転移の無い症例まで適応を拡大していく予定です。

大腸外科

 外来は2名のスタッフが担当し、入院・手術は大腸外科の専任スタッフを中心にチーム制で治療を行っております。
 外来では手術後の経過観察、化学療法などを中心に診療をしております。
予定手術の場合は、多くの症例に腹腔鏡下で手術を行っています。これまでの開腹手術に比べて、傷が小さい、痛みが少ない、出血量が少ないなどのメリットがあります。
地域の開業の先生方との連携も積極的にとり、外来、入院治療について情報の共有を行い、協力して診療を行っております。

肝臓外科

良性疾患である胆石症、膵・胆管合流異常症、および肝臓がん(原発性肝癌および転移性肝癌)、胆道がん(胆嚢癌および胆管癌)、膵臓がんを取り扱っています。
肝胆膵領域の疾患は、内科的処置が診断および治療に重要で、当院でも、常に消化器内科と連携を図りながらすみやかな診断、治療を行うように心がけています。
胆石症に対しては、できるだけ負担の少ない治療を心がけ、原則として腹腔鏡下胆嚢摘出術を第一選択としています。
肝胆膵外科専門医が赴任した2012年以降、肝胆膵悪性腫瘍に対しても積極的に手術を中心とした集学的治療を行い、その手術件数は着実に増加しています。
肝切除には、3次元画像等の最新の画像を駆使して適切な術前評価を行い、安全かつ根治性の高い術式選択を行っています。
根治の難しい、胆道がんおよび膵がんに対しては、血管合併切除も含めた積極的な手術で根治性を高めるとともに、術前術後に抗癌剤や放射線治療を組み合わせて治療成績の向上を図っています。
疾患および診療内容の詳細は、添付ファイルをご覧ください。

一般外科

主に良性疾患を取り扱っています。鼡径ヘルニアを代表とする、ヘルニア(いわゆる脱腸)手術、急性虫垂炎(いわゆる盲腸)手術が主な手術です。
他に、甲状腺腫瘍(良性、悪性)、体表皮下腫瘍も腫瘍の対象となります。
まず最も多い疾患、鼡径ヘルニアについてご説明します。
鼡径ヘルニアとは、男性では精索、女性では子宮円索というひも状の構造物が腹壁の隙間をとおって(=鼡径管)腹壁外に達し、恥骨に付着していますが、その鼡径管の入り口が開大、あるいは鼡径管後壁が弱くなることで、これらの部位から腹膜が袋状になって腹腔外へ突出してくる病気です。手術以外の治療では根治ができません。2012年度の当科手術症例数は130例でした。
手術は、突出した袋をもとにもどし、突出口をふさいで、弱くなった鼡径管後壁を補強することで完成します。補強には種々の製品が用いられますが、当科ではMesh Plug、UHS、Kugel Patchの3製品のうち、鼡径管の弱い部位および大きさに応じて最適のものを選択し、術後のひきつれが少なく、再発率の低い手術を行うように心がけています。また、2014年より、より体への負担の少ない、腹腔鏡下手術も導入を開始しています。
次に、急性虫垂炎手術についてご説明します。
急性虫垂炎とは、大腸の始まりの部分である盲腸という部位の下端に突出した虫垂突起の炎症です。当院は救急診療に力を入れており、そのため、徒歩、あるいは救急車で当院を受診される患者さんが非常に多く、その中に急性虫垂炎の方も多く含まれています。自覚症状、採血、画像検査所見に応じて、抗生剤投与による保存的治療または緊急手術を選択します。保存的治療で治療後、再発予防に切除をご希望の方に対しては、腹腔鏡下虫垂切除も行っています。2012年度に当科に入院された急性虫垂炎の患者さんのうち、保存的治療を行った方が27例、手術を行った方が76例でした。

医師紹介 (医長以上)

院長補佐/外科部長/肝胆膵外科部長 杉田 光隆(すぎた みつたか)

出身大学

信州大学

専門分野

肝胆膵外科

専門医・認定医・指導医

日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科認定医・専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医消化器内視鏡専門医
日本肝胆膵外科学会評議員・高度技能指導医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修終了

救急外科部長 馬場 裕之(ばば ひろゆき)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

消化器外科
肝胆膵外科
消化器内視鏡
臨床栄養

専門医・認定医・指導医

日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科認定医・専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本がん治療認定機構認定医・暫定指導医
日本静脈経腸栄養学会学術評議員
TNT研修修了者
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

食道・胃外科副部長 小野 秀高(おの ひでたか)

出身大学

山梨医科大学

専門分野

上部消化管外科

専門医・認定医・指導医

日本外科学会外科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修終了

医長 渡部 顕(わたなべ あきら)

出身大学

弘前大学

専門分野

消化器外科
大腸外科

専門医・認定医・指導医

日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

診療実績

2014年度 診療実績

入院患者数 13,385人
外来患者数 10,135人
2014年度退院患者 〔主病名上位10〕

1  胃の悪性新生物   163件
2  結腸の悪性新生物  153件
3  鼡径ヘルニア    128件
4  急性虫垂炎     105件
4  胆石症、総胆管結石 105件
6  直腸の悪性新生物   61件
7  イレウス       60件
8  食道の悪性新生物   50件
9  呼吸器及び消化器の続発性悪性新生物  39件
10 腹膜炎        19件


〔手術件数上位10〕

1  腹腔鏡下胆嚢摘出術            116件
2  ヘルニア手術(鼡径ヘルニア)       97件
3  腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術        84件
4  腹腔鏡下鼡径ヘルニア手術(両側)     27件
5  抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 26件
5  胆嚢摘出術                26件
7  腸閉塞症手術(腸管癒着症手術)      24件
8  腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)         23件
9  胃全摘術(悪性腫瘍)           22件
10 人工肛門造設術              20件
10 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術)20件
入院患者数
13,385人
外来患者数
10,135人
2014年度退院患者
〔主病名上位10〕

1  胃の悪性新生物   163件
2  結腸の悪性新生物  153件
3  鼡径ヘルニア    128件
4  急性虫垂炎     105件
4  胆石症、総胆管結石 105件
6  直腸の悪性新生物   61件
7  イレウス       60件
8  食道の悪性新生物   50件
9  呼吸器及び消化器の続発性悪性新生物  39件
10 腹膜炎        19件


〔手術件数上位10〕

1  腹腔鏡下胆嚢摘出術            116件
2  ヘルニア手術(鼡径ヘルニア)       97件
3  腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術        84件
4  腹腔鏡下鼡径ヘルニア手術(両側)     27件
5  抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 26件
5  胆嚢摘出術                26件
7  腸閉塞症手術(腸管癒着症手術)      24件
8  腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)         23件
9  胃全摘術(悪性腫瘍)           22件
10 人工肛門造設術              20件
10 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術)20件

ページTOPへ