感染症科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 感染症科

感染症科について

感染症科は、全身のどの臓器にも起こりうる、微生物による疾患に対応する科です。
微生物には、細菌、ウイルス、抗酸菌、真菌(カビ)、寄生虫など様々な種類があり、その種類によって診断方法、治療は大きく異なります。一般的な風邪、胃腸炎、インフルエンザから、肺炎、脳炎、敗血症まで病気も様々です。
当院の感染症科は、各診療科より相談を受けて、主に入院中の患者さんを対象として各科の主治医と併診という形で診療を行っております。
診療内容としては、熱の原因がはっきりしない場合、よくわからない微生物が検出された場合、よくある微生物ながら、血液のような普通は微生物が検出されない場所から検出された場合などに主治医とともに診断や治療に関して考えていくことが主な業務となります。
人のからだには無数の菌が存在し、また周囲の環境にも同様に菌が存在します。感染症が原因で入院した訳でなくても、検査や治療などをきっかけとして入院中に感染症をきたすことも稀ではありません。本来の検査、治療に専念できるように他の医療者と一緒に患者さんの診療を行い、それぞれの専門性を発揮していくチーム医療の実践が当科の本質ともいえます。
また、感染症の予防として様々なワクチンがあり、子供だけでなく、大人にも接種が推奨されているものがあります。このようなワクチンに関しても、専門家の観点から吟味し、接種を検討することが可能です。

医師紹介

部長 渋江 寧(しぶえ やすし)

専門分野

感染症全般、ワクチン接種(海外渡航者へのトラベルクリニック対応含む)

専門医・認定医・指導医

日本感染症学会感染症専門医
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
Certificate in Travel HealthTM (国際渡航医学会認定医)
日本エイズ学会認定医
ICD制度協議会認定Infection Control Doctor
北海道大学大学院医学研究科博士課程学位

診療実績

2017年度 診療実績

院内コンサルト件数 488件
院内コンサルト件数
488件

ページTOPへ