形成外科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 形成外科

形成外科 について

形成外科とは

 形成外科では赤ちゃんからお年寄りまでの、体全体の表面から少し深い場所までの様々な問題、けが、きずあと、できもの、変形、欠損を扱います。具体的には次のような病気を対象とします。

・けが、きずあと
 擦り傷、切り傷から顔の骨折(鼻の骨や頬骨など)、やけどなどを扱います。
治りが悪いけがや過去の骨折による変形、他の病院で治療したあとのきずあとの修正などにも応じます。

・できもの
 ほくろ、粉瘤(皮膚の下にできる良性腫瘍)、脂肪腫(脂肪の塊ができる良性腫瘍)などの良性腫瘍の切除を小さいものは日帰り手術で対応します。また、心配な皮膚悪性腫瘍についても気軽にご相談ください。皮膚科と連携した安全な治療を行います。

・変形、欠損
 けがや事故、他の病気の治療後の顔や全身の変形に対する修正手術を行っています。
特に当院では乳腺外科と連携した乳癌切除後の乳房再建に力を入れており、人工物再建から自家組織再建まで広く保険でカバーしています。事故や他の病気の治療後の頭や顔の凹みや変形の治療も行っています。年齢変化でまぶたが下がってくる眼瞼下垂の治療も行っています。

その他、整容や美容に関する治療も部分的に行っていますので、お気軽にご相談ください。


「キズあと外来」のお知らせ

形成外科では特殊外来として「キズあと外来」を平成29年9月より開始しました。
外来日時は第1、第3木曜日の午後です。
外傷後の瘢痕や手術瘢痕、ケロイドなど、キズあとでお困りの患者さんに、保存的治療、手術など必要な治療を行って参ります。
完全予約制ですので、かかりつけ医より紹介状をもらって、事前予約をお取りください。
なお、午前中の形成外科外来でも同様の診療は受けられます。
詳細はこちらをご覧ください。

医師紹介

部長 横山 明子(よこやま あきこ)

専門分野

形成外科一般
乳房再建
皮膚悪性腫瘍
小児の形成外科
創傷治癒

専門医・認定医・指導医

日本形成外科学会専門医
日本形成外科学会小児形成外科分野指導医
皮膚腫瘍外科分野指導医
乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師
乳房増大用エキスパンダー/インプラント実施医師
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

医師

萩原 理生(はぎわら りゅう)

手術件数

形成外科手術件数1 形成外科手術件数2

外来担当医表・休診表

横浜市立みなと赤十字病院各科外来担当医表

診療科     備考
形成外科
新患・再診 萩原 理生 横山 明子 - 萩原 理生 横山 明子 ※紹介状・予約必須
緊急時は電話で相談

新患・再診 - 横山 明子 - - - -

形成外科

午前
新患・再診 萩原 理生
新患・再診 横山 明子
新患・再診 -
新患・再診 萩原 理生
新患・再診 横山 明子
備考
新患・再診 ※紹介状・予約必須
緊急時は電話で相談
午後
新患・再診 -
新患・再診 横山 明子
新患・再診 -
新患・再診 -
新患・再診 -
備考
新患・再診 -

備 考
・受付時間 午前8時15分 ~ 午前11時00分
・診療開始時間 午前9時00分
・休診日
土曜日、日曜日
国民の祝日に関する法律に規定する休日
1月2日、1月3日及び12月29日から12月31日まで
・「再診」は、原則的に予約のみの診察です。
・予約のない方は、「新患・予約外」担当医が診察しますが、
 診療科によっては当日受診できない場合もありますので
 予めご了承ください。
*令和1年10月7日現在の情報であり、今後変更が生じます。
*外来担当医表に関するお問い合わせは当院外来業務課までお願いいたします。


横浜市立みなと赤十字病院
住所:横浜市中区新山下3-12-1
代表電話番号:045-628-6100

ページTOPへ