神経内科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 神経内科

ページメニュー

専門分野

神経内科疾患全般。特に脳卒中、認知症、頭痛、パーキンソン病および関連疾患、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、その他の神経難病

*初診時は、緊急以外できるかぎり予約をお取りください
(かかりつけ医からの紹介状があれば電話予約もできます)

*初診時はお話と診察にかなり時間がかかりますので、予約のない来院の場合、緊急の病状以外は当日受診できない場合があります

*緊急の病状については看護師が状態を確認し、医師の判断により優先して診察することがあります



◎「ものわすれ外来」(金曜日午前)は「ものわすれ」でお困りの方、認知症を心配されている方が対象です(日本認知症学会認定の専門医が担当します)

平日の午後2時から4時までコールセンター(☎045ー628ー6786)でご予約ください

ものわすれ外来受診の際は特に

*かかりつけ医のある方は紹介状を頂いてください
*ご家族又は継続的に受診に付き添える方と一緒にご来院ください
*診察予約時間の15分前にご来院ください

受診手続きの後、医師の診察前に看護師がお話をうかがいます

紹介文

神経内科とは

s5_13740751885981.jpg

 脳、神経系と筋肉の病気を担当する内科が神経内科です。

 当科の入院患者さんに一番多い病気は脳卒中、なかでも脳の血管が詰まっておこる脳梗塞です。現在、脳梗塞には有効な薬があり早期治療が大切です。片側の手足がしびれて力が入らない、ロレツが回らない、意識がはっきりしないなどの症状が急に出た場合には脳梗塞の心配があり、すぐに受診されることをお勧めします。発症4。5時間以内に治療開始可能な超急性期脳梗塞の場合、アルテプラーゼ(tPA)による血栓溶解療法を積極的に行なっています。発症から受診までの時間がなにより大切ですから、脳卒中が疑われる症状が出たら迷わず即時に救急車を要請してください。脳卒中のなかでも脳出血、クモ膜下出血の場合は脳神経外科の診療が必要ですが、当院では脳神経外科と連携して診療にあたっており適切な対応が可能です。脳卒中に限らず神経の病気ではリハビリテーションが特に重要で、入院直後から急性期リハビリを開始すると共に、回復期リハビリの専門病院と連携して退院後の社会復帰を図っています。脳梗塞の患者さんが回復して退院された後には再発予防が大切で、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満などいわゆる生活習慣病の適切な治療、また禁煙が重要です。これらの点についても各部門と協力して積極的に診療を行います。 

 神経内科の担当する病気は種類が多く、アルツハイマー病などの認知症(ものわすれ外来を開設しています)、手がふるえて動作が鈍くなるパーキンソン病、ふらつきがおこる小脳の病気、手足のしびれがおこる末梢神経の病気、筋ジストロフィーなどの筋肉病や、髄膜炎・脳炎・脊髄炎などの感染症、再発を繰り返す多発性硬化症、発作をおこすてんかん、様々なタイプの頭痛も専門分野です。多くの頭痛の患者さんは脳の病気を心配して受診されますが、脳に怖い病気が見つかることは少なく、多くの場合は片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など一次性頭痛(頭痛それ自体の病気)です。けれども一次性頭痛では正確な診断に基づく治療によって頭痛が軽減して日常生活の質が大きく改善するので、まずは受診されることをお勧めします。

 神経内科の特徴は、病気を診断する際に自覚症状と時間経過について詳しくお話をうかがって確認する必要があることです。受診される際には、余裕があれば「いつから、どんな風に症状が起きてきたのか」、わかる範囲で整理しておかれることをお勧めします。その際は、「医学的な」言葉を使うよりも、誰にでもわかるような日常的な言葉で、具体的につらいこと、生活の中で困ることをメモしておくのが大切です。また、今までの病気や受けた手術、飲んでいるお薬などの情報も非常に大切です。通院中の病院・診療所のある方は、できるかぎりその情報を紹介状(診療情報提供書)に書いていただいてお持ちいただくようお願いいたします。さらに神経内科の診療では、神経系の詳しい診察を行ない、必要に応じて脳のCTスキャンやMRI、各種シンチグラフィ(脳血流、ドパミントランスポータ、MIBG心筋)、また脳波、神経伝導検査、筋電図、誘発電位などの検査も行ないます。つらい苦しい検査はほとんどないので安心して受けることができます。

 神経内科は高齢化社会になるにつれてますます患者さんが多く、多くの方が受診できることが必要ですが、現在、外来は大変込み合っており待ち時間が長くなってご迷惑をおかけしています。今後いっそう充実した体制の整備に努力してまいります。神経内科の病気は、いままでにない症状が急にでた場合は緊急の事が多く、急いで受診されることが必要ですが、いつのまにかでてきた慢性の症状の場合、初診の際はできる限りあらかじめ予約をおとり下さい。

 一方、同じ「神経」の症状といっても、イライラする、気持ちが落ち込む、眠れないなどの症状は、脳の病気というより心の不調です。この場合は、まず心療内科や精神科を受診されるのが適切です。当院にも精神科外来が開設されていますので、御相談をお勧めします(予約制です。詳しくはこのホームページでもご案内していますのでご覧ください)。また、神経の症状が心配だが受診すべき科がわからないときは当科にご相談ください。

医師紹介 (医長以上)

部長 田中 宏明(たなか ひろあき)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

神経内科
特に神経内科救急
  脳卒中
  認知症
  頭痛

専門医・認定医・指導医

神経内科専門医・指導医(日本神経学会)
総合内科専門医・認定内科医・指導医(日本内科学会)
認知症専門医・指導医(日本認知症学会)
頭痛専門医(日本頭痛学会)

ISLSファシリテーター
難病指定医(神経内科)
東京医科歯科大学医学部臨床教授

副部長 金澤 俊郎(かなざわ としろう)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

神経内科
特に神経変性疾患
  神経難病

専門医・認定医・指導医

神経内科専門医・指導医(日本神経学会)
総合内科専門医・認定内科医・指導医(日本内科学会)
脳卒中専門医(日本脳卒中学会)

難病指定医(神経内科)
東京医科歯科大学医学部臨床講師

医長 関口 輝彦(せきぐち てるひこ)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

神経内科
特に電気生理検査

専門医・認定医・指導医

神経内科専門医・指導医(日本神経学会)
総合内科専門医・認定内科医・指導医(日本内科学会)
日本臨床神経生理学会専門医(筋電図・神経伝導分野、脳波分野)

難病指定医(神経内科)

診療実績

2015年度 診療実績

疾患名 脳梗塞血栓溶解療法(rt-PA静注)12件(入院7、転送 5)

入院件数(平成27年4月1日〜平成28年3月31日退院) 539

<主要診断名>
脳・脊髄血管障害 237
 脳梗塞 202
 脊髄梗塞 2
 一過性脳虚血発作 21
 同疑い 6
 くも膜下出血(脳アミロイド血管症)1
 脳動脈解離 2
 頸部内頸動脈閉塞 1
 血管性パーキンソン症候群 2

中枢神経感染症 11
 脳炎 1
 細菌性髄膜炎 2
 脊椎硬膜外膿瘍合併細菌性髄膜炎 1
 単純ヘルペス髄膜炎 2
 帯状疱疹性髄膜脳炎 1
 帯状疱疹性髄膜炎 1
 無菌性髄膜炎 3

免疫関連中枢神経疾患 11
 多発性硬化症 1
 視神経脊髄炎 1
 抗MOG抗体陽性視神経脊髄炎 1
 アトピー性脊髄炎 3(1)
 傍腫瘍性脳炎(Hu抗体およびMa2/Ta抗体陽性) 1
 抗NMDAR抗体陽性辺縁系脳炎 1
 シェーグレン症候群合併辺縁系脳炎 1
 球後視神経炎 1
 神経サルコイドーシス後遺症 1

神経変性疾患およびプリオン病 84
 筋萎縮性側索硬化症 21(7)
 パーキンソン病 33(29)
 進行性核上性麻痺 4(3)
 同疑い 2
 大脳皮質基底核変性症 5(2)
 同疑い 1
 パーキンソン症候群 6(5)
 多系統萎縮症 6(4)
 脊髄小脳変性症 2
 純粋自律神経不全症 1
 痙性対麻痺 1
 クロイツフェルト・ヤコブ病 2(1)

認知症疾患 25
 アルツハイマー型認知症 11
 レビ−小体型認知症 6(4)
 前頭側頭型認知症の疑い 1
 認知症(分類未確定) 1
 正常圧水頭症 2
 同疑い 4

てんかんおよび痙攣発作 53
 てんかん45(40)
 痙攣発作 8

末梢神経障害 28
 ギラン・バレー症候群 4
 フィッシャー症候群 1
 脱髄性ニューロパチー(慢性炎症性脱髄性多発神経炎疑い) 1
 ビタミン欠乏性多発ニューロパチー 1
 アルコール性多発ニューロパチー 1
 多発ニューロパチー(原因未確定) 1
 ハント症候群 5
 ベル麻痺 9
 動眼神経麻痺 1
 多発性単神経炎 2(結節性多発動脈炎1、アレルギー性肉芽腫性血管炎1) 
 橈骨神経麻痺 2

神経筋接合部および筋疾患 8
 胸腺腫合併重症筋無力症 1
 ランバート・イートン筋無力症候群(LEMS)疑い 1
 傍腫瘍小脳変性症合併ランバート・イートン筋無力症候群(PCD-LEMS)2(1)
 筋炎 2(アレルギー性肉芽腫性血管炎1、多発血管炎性肉芽腫症1)
 ミオパチー(封入体筋炎疑い) 1
 高CK血症 1

腫瘍 7
 髄膜腫 1
 脳脊髄悪性リンパ腫 1
 脳悪性リンパ腫 1
 海綿状血管腫 1
 硬膜外脊髄腫瘍 1
 転移性脳脊髄腫瘍(乳房外パジェット病) 1
 髄膜癌腫症 1

代謝性疾患および内科疾患に伴う中枢神経障害 11
 Reversible Posterior Leukoencephalopathy Syndrome 1
 高血圧性脳症 1
 ウェルニッケ脳症(脚気ニューロパチー合併) 1
 肝性脳症 1
 意識障害(低ナトリウム血症) 2
 意識障害(その他) 4
 慢性期低酸素脳症 1

中毒性疾患 23
 薬剤性パーキンソン症候群 10
 悪性症候群 1
 セロトニン症候群 1
 抗うつ剤過量内服後痙攣 1
 アンフェタミン中毒(痙攣) 1
 アルコール関連痙攣 9

脊椎疾患 1
 頚椎症性脊髄症 1

その他の神経系疾患 17
 薬物乱用頭痛 1
 片頭痛(多発白質病変) 1
 一過性全健忘 2
 高齢者一過性身ぶるい様振戦 1
 painless legs and moving toes syndrome 1
 外傷性硬膜下水腫 1
 脳振盪 1
 めまい症 2
 失神 1
 心因性の疑い 6

その他 23

注:慢性疾患において同一患者の複数回入院がある場合、患者人数をカッコ内に示す。

疾患名
脳梗塞血栓溶解療法(rt-PA静注)12件(入院7、転送 5)

入院件数(平成27年4月1日〜平成28年3月31日退院) 539

<主要診断名>
脳・脊髄血管障害 237
 脳梗塞 202
 脊髄梗塞 2
 一過性脳虚血発作 21
 同疑い 6
 くも膜下出血(脳アミロイド血管症)1
 脳動脈解離 2
 頸部内頸動脈閉塞 1
 血管性パーキンソン症候群 2

中枢神経感染症 11
 脳炎 1
 細菌性髄膜炎 2
 脊椎硬膜外膿瘍合併細菌性髄膜炎 1
 単純ヘルペス髄膜炎 2
 帯状疱疹性髄膜脳炎 1
 帯状疱疹性髄膜炎 1
 無菌性髄膜炎 3

免疫関連中枢神経疾患 11
 多発性硬化症 1
 視神経脊髄炎 1
 抗MOG抗体陽性視神経脊髄炎 1
 アトピー性脊髄炎 3(1)
 傍腫瘍性脳炎(Hu抗体およびMa2/Ta抗体陽性) 1
 抗NMDAR抗体陽性辺縁系脳炎 1
 シェーグレン症候群合併辺縁系脳炎 1
 球後視神経炎 1
 神経サルコイドーシス後遺症 1

神経変性疾患およびプリオン病 84
 筋萎縮性側索硬化症 21(7)
 パーキンソン病 33(29)
 進行性核上性麻痺 4(3)
 同疑い 2
 大脳皮質基底核変性症 5(2)
 同疑い 1
 パーキンソン症候群 6(5)
 多系統萎縮症 6(4)
 脊髄小脳変性症 2
 純粋自律神経不全症 1
 痙性対麻痺 1
 クロイツフェルト・ヤコブ病 2(1)

認知症疾患 25
 アルツハイマー型認知症 11
 レビ−小体型認知症 6(4)
 前頭側頭型認知症の疑い 1
 認知症(分類未確定) 1
 正常圧水頭症 2
 同疑い 4

てんかんおよび痙攣発作 53
 てんかん45(40)
 痙攣発作 8

末梢神経障害 28
 ギラン・バレー症候群 4
 フィッシャー症候群 1
 脱髄性ニューロパチー(慢性炎症性脱髄性多発神経炎疑い) 1
 ビタミン欠乏性多発ニューロパチー 1
 アルコール性多発ニューロパチー 1
 多発ニューロパチー(原因未確定) 1
 ハント症候群 5
 ベル麻痺 9
 動眼神経麻痺 1
 多発性単神経炎 2(結節性多発動脈炎1、アレルギー性肉芽腫性血管炎1) 
 橈骨神経麻痺 2

神経筋接合部および筋疾患 8
 胸腺腫合併重症筋無力症 1
 ランバート・イートン筋無力症候群(LEMS)疑い 1
 傍腫瘍小脳変性症合併ランバート・イートン筋無力症候群(PCD-LEMS)2(1)
 筋炎 2(アレルギー性肉芽腫性血管炎1、多発血管炎性肉芽腫症1)
 ミオパチー(封入体筋炎疑い) 1
 高CK血症 1

腫瘍 7
 髄膜腫 1
 脳脊髄悪性リンパ腫 1
 脳悪性リンパ腫 1
 海綿状血管腫 1
 硬膜外脊髄腫瘍 1
 転移性脳脊髄腫瘍(乳房外パジェット病) 1
 髄膜癌腫症 1

代謝性疾患および内科疾患に伴う中枢神経障害 11
 Reversible Posterior Leukoencephalopathy Syndrome 1
 高血圧性脳症 1
 ウェルニッケ脳症(脚気ニューロパチー合併) 1
 肝性脳症 1
 意識障害(低ナトリウム血症) 2
 意識障害(その他) 4
 慢性期低酸素脳症 1

中毒性疾患 23
 薬剤性パーキンソン症候群 10
 悪性症候群 1
 セロトニン症候群 1
 抗うつ剤過量内服後痙攣 1
 アンフェタミン中毒(痙攣) 1
 アルコール関連痙攣 9

脊椎疾患 1
 頚椎症性脊髄症 1

その他の神経系疾患 17
 薬物乱用頭痛 1
 片頭痛(多発白質病変) 1
 一過性全健忘 2
 高齢者一過性身ぶるい様振戦 1
 painless legs and moving toes syndrome 1
 外傷性硬膜下水腫 1
 脳振盪 1
 めまい症 2
 失神 1
 心因性の疑い 6

その他 23

注:慢性疾患において同一患者の複数回入院がある場合、患者人数をカッコ内に示す。

2014年度 診療実績

疾患名 全退院件数                   562件

主要診断名 
脳梗塞                     247 (うちtPA静注療法施行23件)
一過性脳虚血発作                 25
脊髄梗塞                      4
脳静脈血栓症                    2
脳出血                       2
脳動静脈奇形                    1
(脳脊髄血管障害 計281)

けいれん・てんかん                75
一過性全健忘                    2

髄膜炎                      21
脳炎                        2
脊髄炎                       1
脊椎硬膜外膿瘍                   1
進行性多巣性白質脳症(HIV感染症)          1
多発性硬化症                    3
視神経脊髄炎                    2
アトピー性脊髄炎                  1
橋本脳症                      1
(神経感染症・免疫性中枢神経疾患 計33)

パーキンソン病                  28
多系統萎縮症                   10
進行性核上性麻痺                  5
筋萎縮性側索硬化症                 3
痙性対麻痺(孤発性)                1
(神経変性疾患 計47)

不随意運動症                    3

レビー小体型認知症                 2
進行性非流暢性失語症(大脳皮質基底核変性症疑い)  1
進行性失語症(アルツハイマー病疑い)        2
正常圧水頭症                    4
(認知症疾患 計9)

ギランバレー症候群                 4
フィッシャー症候群                 2
多発単神経炎(アレルギー性肉芽腫性血管炎)     1
ハント症候群                    2

重症筋無力症                    1
筋炎                        4

ウェルニッケ脳症                  3

脳腫瘍                       5
脊髄腫瘍                      1
疾患名
全退院件数                   562件

主要診断名 
脳梗塞                     247 (うちtPA静注療法施行23件)
一過性脳虚血発作                 25
脊髄梗塞                      4
脳静脈血栓症                    2
脳出血                       2
脳動静脈奇形                    1
(脳脊髄血管障害 計281)

けいれん・てんかん                75
一過性全健忘                    2

髄膜炎                      21
脳炎                        2
脊髄炎                       1
脊椎硬膜外膿瘍                   1
進行性多巣性白質脳症(HIV感染症)          1
多発性硬化症                    3
視神経脊髄炎                    2
アトピー性脊髄炎                  1
橋本脳症                      1
(神経感染症・免疫性中枢神経疾患 計33)

パーキンソン病                  28
多系統萎縮症                   10
進行性核上性麻痺                  5
筋萎縮性側索硬化症                 3
痙性対麻痺(孤発性)                1
(神経変性疾患 計47)

不随意運動症                    3

レビー小体型認知症                 2
進行性非流暢性失語症(大脳皮質基底核変性症疑い)  1
進行性失語症(アルツハイマー病疑い)        2
正常圧水頭症                    4
(認知症疾患 計9)

ギランバレー症候群                 4
フィッシャー症候群                 2
多発単神経炎(アレルギー性肉芽腫性血管炎)     1
ハント症候群                    2

重症筋無力症                    1
筋炎                        4

ウェルニッケ脳症                  3

脳腫瘍                       5
脊髄腫瘍                      1

ページTOPへ