リウマチ科(膠原病リウマチ内科)

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > リウマチ科(膠原病リウマチ内科)

ページメニュー

専門分野

関節リウマチをはじめ、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎/多発性筋炎、混合性結合組織病、血管炎症候群(高安動脈炎、巨細胞性動脈炎、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症(以前のWegener肉芽腫症)、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(以前のChurg-Strauss症候群)など)、シェーグレン症候群、ベーチェット病、成人スティル病、リウマチ性多発筋痛症など、いわゆる膠原病の診療を行っています。

紹介文

膠原病リウマチ内科

上記のような膠原病の診療を行っていますが、日本リウマチ学会認定教育施設として、どの疾患もガイドライン等に準じた標準的な治療を心がけています。

 関節リウマチにおいては、禁忌がなければ標準的治療薬であるメトトレキサート(MTX)で治療を開始し、効果不十分であれば疾患活動性に応じて、他の従来型合成抗リウマチ薬や生物学的製剤・分子標的型合成抗リウマチ薬を併用しています。腫脹関節数、圧痛関節数などをもとにした疾患活動性指標により治療方針を決めていますが、受診時ごとの触診による関節評価を最も大切にし、関節破壊に至らしめる関節炎をなくすことを最大の目標としています。
 (関節リウマチ教室を年5回シリーズで行うとともに、関節リウマチ市民セミナーを年1回開催しており、アレルギーセンターのホームページなどで最新情報を広報しています。)

 膠原病診療で免疫抑制療法が必要な場合には、副腎皮質ステロイドホルモン製剤を基本とし、必要に応じてシクロホスファミド、アザチオプリン、ミコフェノール酸モフェチル、シクロスポリン、タクロリムス、メトトレキサートといった免疫抑制剤を併用しています。また、多発血管炎性肉芽腫症や顕微鏡的多発血管炎に対する抗CD20モノクローナル抗体、高安動脈炎や巨細胞性動脈炎に対する抗IL-6受容体抗体など承認のえられた生物学的製剤も治療選択肢に加え、疾患活動性のタイトコントロールをできるだけ実現したいと考えています。

医師紹介 (医長以上)

部長 萩山 裕之(はぎやま ひろゆき)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

リウマチ
膠原病

専門医・認定医・指導医

日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医・指導医
東京医科歯科大学非常勤講師
東京医科歯科大学臨床教授

副部長 渋江 寧(しぶえ やすし)

出身大学

聖マリアンナ医科大学

専門分野

感染症
不明熱

専門医・認定医・指導医

日本感染症学会感染症専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
Certificate in Travel Health(国際渡航医学会認定医)
ICD(インフェクション・コントロール・ドクター)
平成25年度北海道大学病院ベスト指導医賞

外来患者数(定点での予約患者数)

年度 平成25 平成26 平成27 平成28
総数 673 792 899 1,012
関節リウマチ 348 400 471 509
生物学的製剤継続投与患者数 142 124 149 158
シェーグレン症候群 71 97 96 114
全身性エリテマトーデス 30 38 43 53
血管炎症候群 21 28 39 45
全身性強皮症 27 39 47 42
リウマチ性多発筋痛症 28 25 32 31
多発性筋炎/皮膚筋炎 16 26 37 42

入院患者数

年度 平成25 平成26 平成27 平成28
総数 171 143 158 171
リウマチ性疾患 100 100 130 123
関節リウマチ 43 33 39 25
全身性エリテマトーデス 6 6 13 12
血管炎症候群 10 24 22 44
多発性筋炎/皮膚筋炎 16 8 14 6

ページTOPへ