緩和ケア内科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 緩和ケア内科

ページメニュー

紹介文

緩和ケア内科紹介文

緩和ケア内科では、がんに罹患した患者さんに対し、がんによって生じる様々な苦痛を和らげることで、その人らしい生活を送っていただくのをお手伝いする科です。
 2002年に世界保健機構(WHO)は、「緩和ケア」とは「生命を脅かす疾患を伴う問題に直面する患者と家族に対し、疼痛や身体的、心理社会的、スピリチュアルな(霊的な)問題を早期から正確にアセスメントし解決することにより、苦痛の予防と軽減を図り、生活の質(QOL)を向上させるためのアプローチである」と定義しました。
 このWHOの定義に基づいて緩和ケア内科では診療を行っています。がんと診断された早期から主治医が中心で緩和ケアが始まり、必要時、身体科医師、精神科医師、看護師、薬剤師、臨床心理士等からなる緩和ケアチームが主治医に加わって、からだや心のつらさを和らげるのにお手伝いします。
 病状が進行して抗がん治療ができなくなり、様々なつらい症状が出たり、身体機能の低下から日常生活が困難になったりしたときに利用していただく施設として緩和ケア病棟があります。つらい症状の緩和には、医療用麻薬を中心とした各種の鎮痛薬やその他の補助薬を使用します。からだのみではなく、心のケアに、精神科医師や臨床心理士、リエゾン看護師も加わってチームで対応します。早めに当病棟を見学していただき、将来の療養場所を考える時の参考にされることをお勧めします。

医師紹介 (医長以上)

緩和ケアセンター長/緩和ケア科部長 小尾 芳郎(おび よしろう)

出身大学

山形大学

専門分野

緩和ケア・消化器外科

専門医・認定医・指導医

日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

副部長 鈴木 友宜(すずき ともよし)

出身大学

日本大学

専門分野

緩和ケア

専門医・認定医・指導医

日本外科学会外科専門医
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

緩和ケア病棟運営実績

平成27年度 平成26年度
入院患者数 287名 262名
入院患者延べ数 7,500名 7,950名
疾患別
平成27年度 平成28年度
50名 43名
大腸 36名 41名
40名 32名
35名 27名
乳腺 14名 22名
肝細胞 10名 14名
胆管 41名 12名

緩和ケアチーム介入実績

平成27年度 平成28年度
新規依頼件数 144件 144件
疾患別
平成27年度 平成28年度
40件 37件
大腸 13件 20件
13件 17件
乳腺 13件 13件
19件 10件
膀胱 5件 10件
依頼内容
平成27年度 平成28年度
疼痛 37% 50%
嘔気 8% 8%
呼吸困難・咳嗽 4% 8%
せん妄 3% 4%
不眠・眠気 2% 1%
不安 4% 1%
家族ケア 1%
PCU・退院支援 28% 22%
依頼時期
平成27年度 平成28年度
がん治療中 46.5% 42.5%
積極的がん治療終了後 51.4% 55.6%

ページTOPへ