耳鼻いんこう科・頭頸部外科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 耳鼻いんこう科・頭頸部外科

ページメニュー

専門分野

耳鼻咽喉科疾患全般
頭頸部腫瘍、鼻副鼻腔・アレルギー疾患、咽喉頭疾患、難聴、音声・嚥下

紹介文

2016年4月より耳鼻咽喉科は「耳鼻咽喉科・頭頸部外科」の名称となり、常勤医師4名で耳鼻咽喉科疾患全般に対応しています。
大学病院、こども医療センターなどで経験を積んできた医師が集まっており、耳鼻咽喉科領域の全ての疾患に対して、適切で専門性の高い医療を提供できる体制となっています。一部の重症症例・特殊疾患に関しましては、横浜市立大学附属病院・市民総合医療センター、神奈川県立こども医療センターと連携しています。
急性扁桃炎、急性喉頭蓋炎、深頸部膿瘍などの急性感染症や突発性難聴、顔面神経麻痺といった神経障害など緊急の治療・入院が必要な疾患にも対応しています。

手術に関しましては、頭頸部外科として頭蓋底から頸部までの外科を担当しています。
当科で対応している手術は、
・ 甲状腺腫瘍を含めた頭頸部腫瘍・頭頸部癌摘出術
・ 声帯ポリープなどに対する顕微鏡下喉頭微細手術
・ 口蓋扁桃摘出術
・ アデノイド切除術、滲出性中耳炎に対する鼓膜ドレーン留置術
・ 慢性中耳炎・中耳真珠腫などに対する中耳手術
・ 顔面神経麻痺重症例に対する顔面神経減荷術
・ 鼻副鼻腔手術
・ 音声改善手術
・ 誤嚥防止手術
など多岐に亘ります。

さらに内視鏡およびハイビジョンモニターを用いた低侵襲手術を導入しており、内視鏡下副鼻腔手術(endoscopic sinus surgery: ESS)だけでなく、咽喉頭疾患・早期中下咽頭癌・喉頭癌に対する経口的手術(transoral surgery: TOS)や難聴・中耳疾患に対する経外耳道的内視鏡下耳科手術(transcanal endoscopic ear surgery: TEES)も行っています。
ナビゲーションシステムを導入しており、より精度の高い内視鏡手術が可能となっています。

その他にも、頭頸部癌に対する放射線治療、遺伝性難聴を含めた先天性難聴の診療も行っています。当院は横浜市のアレルギー機関病院であり、アレルギー科、呼吸器内科と連携し、アレルギー性鼻炎・好酸球性副鼻腔炎に対する治療・手術も積極的に行っています。

めまいに関しましては、吐気を伴うような症状の強い急性期めまいは救急科、神経内科、脳神経外科と連携を取り、「耳鼻咽喉科・頭頸部外科」で対応しています。慢性期めまいにつきましては、新設された「耳鼻咽喉科・めまい平衡神経科」において、集団リハビリテーションを取り入れた教育入院など従来通り完全予約制による診療を行っております。

医師紹介
○ 田口 享秀(たぐち たかひで)
横浜市大H7年卒、部長
専門分野:頭頸部腫瘍、鼻副鼻腔・咽喉頭疾患、音声・嚥下
日本耳鼻咽喉科学会専門医、耳鼻咽喉科専門研修指導医、
日本気管食道科学会専門医、
頭頸部がん専門医、がん治療認定医
横浜市立大学医学部 耳鼻咽喉科・頭頸部外科客員准教授


○ 牧山 祐希(まきやま ゆうき)
旭川医大H15年卒、副部長
専門分野:鼻副鼻腔疾患、アレルギー性鼻炎、甲状腺腫瘍
日本耳鼻咽喉科学会専門医

○ 山下 ゆき子(やました ゆきこ)
福島県立医科大学、副部長代理
専門分野:鼻副鼻腔疾患、アレルギー、嚥下
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本アレルギー学会専門医

○ 山本 学慧(やまもと たかえ)
横浜市大H24年卒
専門分野:耳鼻咽喉科一般

医師紹介 (医長以上)

部長 田口 享秀(たぐち たかひで)

出身大学

横浜市立大学

専門分野

耳鼻咽喉科、頭頸部外科
頭頸部腫瘍、鼻副鼻腔・咽喉頭疾患、音声・嚥下

専門医・認定医・指導医

日本耳鼻咽喉科学会専門医
耳鼻咽喉科専門研修指導医
日本気管食道科学会専門医
日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
横浜市立大学医学部 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 客員准教授

副部長 牧山 祐希(まきやま ゆうき)

出身大学

旭川医科大学

専門分野

耳鼻咽喉科
鼻副鼻腔疾患、アレルギー性鼻炎、甲状腺腫瘍

専門医・認定医・指導医

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

副部長 山下 ゆき子(やました ゆきこ)

出身大学

福島県立医科大学

専門分野

鼻副鼻腔疾患、アレルギー、嚥下

専門医・認定医・指導医

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談
日本アレルギー学会専門医

ページTOPへ