精神科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 精神科

ページメニュー

専門分野

統合失調症、気分障害(うつ病、躁うつ病)

紹介文

診療の特徴・特色

・当院は、H17年に開院し、精神科はH18年より外来診療、H19年より入院診療を開始しました。
・外来診療は、軽い不眠症から精神病の方、さらに認知症の方まで幅広い患者さんを対象としています。
・入院診療は、50床の全閉鎖病棟で運用し、主に精神疾患の急性期の患者さんを対象としています。入院期間は比較的短期間(平均在院日数40~50日)で、長期の療養には応じていません。
・各診療科と連携して精神疾患の患者さんの身体合併症に対応しています。
・神奈川県の精神科医療の基幹病院として、精神科救急医療、身体合併症転院事業を行っています。
・麻酔科医の協力のもとで、修正型電気けいれん療法を行っています。

一般診療

統合失調症、気分障害(うつ病・躁うつ病)、神経症性障害・ストレス関連障害、器質性精神障害などを対象としています。パーソナリティ障害、アルコール・薬物依存、摂食障害、てんかん、児童・思春期などの専門性の高い分野については他の専門機関への紹介をします。睡眠障害に関する特殊な検査やメチルフェニデート等を使用した治療は行っていません。また、臨床心理士による個人カウンセリングは行っておりません。
入院診療は、50床の全閉鎖病棟で運用し、病棟の入口を施錠しています。人権の尊重を重視し、病状に応じて開放的処遇とするよう努めています。急性期で比較的重症の精神疾患の方を主な対象としていますが、休養や薬物の調整を目的に入院される方もいます。入院中は、多職種(医師、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士)からなるチームで治療の計画を立て、必要な医療を提供し、地域と連携し早期の退院を目指し支援します。
尚、精神科病棟を含め、病院内は禁煙です。また、精神科病棟では、危険物や携帯電話の持ち込みをご遠慮いただいております。

物忘れ外来

週に4日、「もの忘れ外来」を行っています。認知機能検査(COGNISTAT、WAIS、WMS等) 、頭部CTやMRI検査、脳波検査等を行い総合的に判断します。

政策医療

神奈川県の基幹病院の一つとして、 四県市(横浜市、川崎市、相模原市、神奈川県)による精神科救急医療事業、身体合併症転院事業に従事しています。
精神科救急医療事業は、精神保健福祉法に基づき、夜間・休日の警察官通報や行政の窓口を介した診察に対応しています。対象は、急性期の精神疾患により、入院による医療や保護が必要な状態の方です。診察を受けるには、行政窓口へ受付の手続きが必要で、行政にて受診の必要性の判断をします。
身体合併症転院事業は、精神病院に入院中の方の身体合併症を受け入れています。

留意点

※精神科は初診・再診ともに完全予約制です。
・平日14時〜16時に精神科外来(045-628-6372)に電話し、予約をお取り下さい。
・初診の方で、他院の精神科・神経科などに通院中の方は、紹介状を必ずお持ちください。
※病診連携により、初期治療終了後は、地域の医療機関への逆紹介を推進しています。
※当院は「日本精神神経学会精神科専門医制度における研修施設」です。若手医師の育成にご協力をお願い致します。

医師紹介 (医長以上)

部長 京野 穂集(きょうの ほつみ)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

精神科救急

専門医・認定医・指導医

精神保健指定医
日本精神神経学会精神科専門医・指導医
精神科腫瘍学の基本教育に関する指導者研修修了

医長 池井 大輔(いけい だいすけ)

出身大学

浜松医科大学

専門分野

精神科全般

専門医・認定医・指導医

精神保健指定医

 (精神科棟の入院)
平成25 平成26 平成27 平成28
新患者数 286 264 316 344
 政策医療
 (精神科身体合併症転院事業)
H26年度 H27年度 H28年度
受入数 64 84 111
入院数 43 64 89
平均在院日数 24.7 19.1 21.1
転帰 依頼元病院 38 57 74
他病院 4 3 5
退院 0 1(有料老人ホーム) 2
入院中 0 0 0
死亡 1 3 8
 (精神科救急)
H28年度 受け入れ数 入院形態 転帰
受診数 入院数 措置 医保 任意 転院 退院 その他
3次救急 34 27 24 3 0 19 8 0
2次救急 14 12 12 0 11 1 0

平均在院日数:24.5日

ページTOPへ