病院について

HOME > 病院について > イベント情報

イベント情報

年度選択

  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 2007年度
  • 2006年度

2019年度

日時 令和1年9月29日 (日) 13時00分~15時00分
イベント名 第17回みなと市民セミナー「変形性膝関節症の手術治療と運動療法」を開催しました
内容 令和元年9月29日(日)ワークピア横浜にて、第17回みなと市民セミナー「変形性膝関節症の手術治療と運動療法」を開催し、180名もの方が聴講に来てくださいました。
日時
令和1年9月29日 (日) 13時00分~15時00分
イベント名
第17回みなと市民セミナー「変形性膝関節症の手術治療と運動療法」を開催しました
内容
令和元年9月29日(日)ワークピア横浜にて、第17回みなと市民セミナー「変形性膝関節症の手術治療と運動療法」を開催し、180名もの方が聴講に来てくださいました。
日時 令和1年8月7日 (水) 09時30分~15時00分
イベント名 令和元年度大型旅客船事案対応訓練に参加しました
内容 日本赤十字社と海上保安庁は、災害時の業務協力に関する協定を締結しており、日本赤十字社神奈川県支部でも横浜海上保安部と、神奈川県沿岸海域で災害や事故が発生した場合に、緊密な連携のもとで救護活動を行うための協定を締結しています。
この協定に基づき毎年、旅客船事故を想定した合同訓練を実施しており、8月7日(水)には横浜港大さん橋に停泊中の大型旅客船を事故想定船として訓練が実施され、当院からは救護班1班が参加いたしました。
今回の訓練は何者かが大型旅客船内で有毒物質を散布した想定で実施され、関係機関が船内から陸上までの救出、除染、搬送、医療に関する対応と連携を確認しました。
当院では今後も関係機関と連携し、あらゆる災害、事故に対応できるよう、訓練、研修を進めてまいります。
日時
令和1年8月7日 (水) 09時30分~15時00分
イベント名
令和元年度大型旅客船事案対応訓練に参加しました
内容
日本赤十字社と海上保安庁は、災害時の業務協力に関する協定を締結しており、日本赤十字社神奈川県支部でも横浜海上保安部と、神奈川県沿岸海域で災害や事故が発生した場合に、緊密な連携のもとで救護活動を行うための協定を締結しています。
この協定に基づき毎年、旅客船事故を想定した合同訓練を実施しており、8月7日(水)には横浜港大さん橋に停泊中の大型旅客船を事故想定船として訓練が実施され、当院からは救護班1班が参加いたしました。
今回の訓練は何者かが大型旅客船内で有毒物質を散布した想定で実施され、関係機関が船内から陸上までの救出、除染、搬送、医療に関する対応と連携を確認しました。
当院では今後も関係機関と連携し、あらゆる災害、事故に対応できるよう、訓練、研修を進めてまいります。
日時 令和1年8月1日 (木) 14時00分~16時00分
イベント名 養護教諭対象「学校における食物アレルギー対応」講演会を行いました
内容 東京都大田区の養護教諭約30名にお集まりいただき、小児科の磯崎部長が「学校における食物アレルギー対応」と題し、講演会を行いました。
日時
令和1年8月1日 (木) 14時00分~16時00分
イベント名
養護教諭対象「学校における食物アレルギー対応」講演会を行いました
内容
東京都大田区の養護教諭約30名にお集まりいただき、小児科の磯崎部長が「学校における食物アレルギー対応」と題し、講演会を行いました。
日時 令和1年7月29日 (月) 10時00分~11時00分
イベント名 地下鉄テロ災害対応訓練に参加しました
内容 横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅において、テロ災害を想定した関係機関合同訓練が実施され、当院からは横浜救急医療チーム(YMAT)が参加しました。
この訓練は、日本大通り駅の改札口付近で、何者かが有毒物質を散布し、負傷者が多数発生するという想定で実施されました。
訓練では、駅職員が警察・消防への通報と利用客の避難誘導を行い、通報により駆けつけた中消防署の消防隊が負傷者の救出と有毒物質の除染を行い、除染された傷病者と軽症者の治療を救急隊と当院のYMATが担当し、初動対応から傷病者の医療対応までの流れを、関係機関が連携しながら確認しました。
当院ではラクビーワールドカップ2019、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に備え、様々な災害に対応できるよう、関係機関との連携を深めてまいります。
日時
令和1年7月29日 (月) 10時00分~11時00分
イベント名
地下鉄テロ災害対応訓練に参加しました
内容
横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅において、テロ災害を想定した関係機関合同訓練が実施され、当院からは横浜救急医療チーム(YMAT)が参加しました。
この訓練は、日本大通り駅の改札口付近で、何者かが有毒物質を散布し、負傷者が多数発生するという想定で実施されました。
訓練では、駅職員が警察・消防への通報と利用客の避難誘導を行い、通報により駆けつけた中消防署の消防隊が負傷者の救出と有毒物質の除染を行い、除染された傷病者と軽症者の治療を救急隊と当院のYMATが担当し、初動対応から傷病者の医療対応までの流れを、関係機関が連携しながら確認しました。
当院ではラクビーワールドカップ2019、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に備え、様々な災害に対応できるよう、関係機関との連携を深めてまいります。
日時 令和1年5月29日 (水) 12時30分~14時30分
イベント名 ANAグループ様からしあわせの花 すずらんが届きました
内容 今年もANA(全日本空輸)グループから「すずらんの花」としおりを贈呈いただきました。
この行事は1956年(昭和31年)から続いており、今年で64回目を迎えるANAグループ様の伝統的な社会貢献活動です。
今年も客室乗務員の方がご来院され、副院長へすずらんの鉢植えを贈呈いただいた後、各病棟をまわってご入院中の患者さんへしおりを手渡すとともに、温かい励ましのお言葉をかけてくださいました。
すずらんの花言葉は「再び幸せが訪れる」です。
しおりを手渡された患者さんは、「いい香りですね。」「読書が好きなので大切に使いますね。」と喜んでくださいました。
日時
令和1年5月29日 (水) 12時30分~14時30分
イベント名
ANAグループ様からしあわせの花 すずらんが届きました
内容
今年もANA(全日本空輸)グループから「すずらんの花」としおりを贈呈いただきました。
この行事は1956年(昭和31年)から続いており、今年で64回目を迎えるANAグループ様の伝統的な社会貢献活動です。
今年も客室乗務員の方がご来院され、副院長へすずらんの鉢植えを贈呈いただいた後、各病棟をまわってご入院中の患者さんへしおりを手渡すとともに、温かい励ましのお言葉をかけてくださいました。
すずらんの花言葉は「再び幸せが訪れる」です。
しおりを手渡された患者さんは、「いい香りですね。」「読書が好きなので大切に使いますね。」と喜んでくださいました。

ページTOPへ