歯科口腔外科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 歯科口腔外科

ページメニュー

専門分野

・口腔顎顔面外傷
(顔や顎の骨折、歯の破折・脱臼、口の中の怪我など)
・口腔腫瘍
(口の中のできもの、口腔がん、顎の中のできものなど)
・粘膜疾患(口の中の口内炎、びらんなど)
・インプラント(人工歯根)
・顎義歯(顎の切除したあとの特殊義歯)
・顎関節症(顎が痛い・音が鳴る、口が開かない)
・口腔ケア歯周病(入院患者様の口のなかのサポート)
・障害者歯科
(有病者を含めた通常の歯科医院で対応できない方の歯科治療)

紹介文

当科の特色

地域医療機関のご紹介のもと、総合病院の歯科口腔外科として口腔外科疾患・障害者歯科・有病者歯科に力を入れています。また、他科の入院患者さんに対応できる口腔ケアサービスとともに有病者歯科治療を行っております。さらには、救急顎口腔外傷にも対応しております。     

対応疾患

顎口腔腫瘍
口の中のできものについてご相談ください。特に悪性腫瘍(口腔がん)との鑑別を確実に行い治療をすすめていきます。

嚢胞性疾患
多くは顎骨の中にできる疾患で外科的な治療を必要とする疾患であり、静脈内鎮静下や全身麻酔下で行います。

口腔顎顔面外傷
歯牙脱臼、口腔粘膜裂傷、顎骨折等に取り組み、口腔機能の回復を図ります。 形成外科と連携を取り治療をすすめます。

口腔粘膜疾患
口内炎からウィルス疾患や前癌病変まで様々なケースに対応いたします。

炎症性疾患
歯周疾患 等から波及する急性炎症に対応します。食事が摂れなくなるケースでは入院していただき消炎しながら対応していきます。

インプラント( 人工歯根)
歯牙喪失後の摂食機能回復のために、外科的に静脈内鎮静下や全身麻酔下でインプラントを埋め込みます。私費治療で行います。
地域医療機関のご依頼により特殊CT撮影も行います。

口腔顎顔面機能リハビリテーション
顎骨切除後、外傷後の口腔顎顔面機能回復を それぞれの患者さんに応じて特殊な義歯などを製作して行います。

顎変形症
矯正科医の連携のもと、手術の計画をたてます。変形に応じた手術を行っていきます。

障害者(児)歯科治療、有病者歯科治療
一般歯科医院で治療困難な方々の口腔外科診療を、モニターでバイタルサインを確認しながら安全な治療を行います。

口腔ケア(ブラッシング)・歯周病治療
歯を支える組織のメンテナンス、治療を行います。基本はブラッシングです。歯科衛生士による集団、個別指導も行っています。入院患者様の口腔ケアとともに摂食嚥下指導も行います。全身疾患を持つ方々の 重度の歯周病治療にも対応します。

抜歯
親知らずなどの抜歯を行います。多数歯の抜歯の場合、静脈内鎮静下や全身麻酔下で行います。

顎関節症
原因は外傷・かみ合わせ、神経性など様々であるため、様々なアプローチでその治療に取り組んでおります。

その他特殊疾患
歯軋り、睡眠時無呼吸症候群、スポーツ外傷予防などに用いるマウスピース治療などを行います。

一般歯科治療(虫歯・歯周病など)は、、、

まことに恐れ入りますが、前述のごとく特殊疾患を専門にしているため、健常者の一般歯科治療は行っておりません。近隣歯科医院を受診いただき、必要に応じて当科の紹介を受けて下さい。ただし、入院患者さんの歯科治療は積極的に対応いたします。また、歯や口腔疾患の相談はセカンドオピニオン外来にて受付けております。

受診するには

・紹介状を必ずお持ちください
まず近隣の歯科医院、地域医療機関またはかかりつけ医を受診してください。医院で対応の難しい疾患の場合、紹介状を受け取り当科を受診ください。
・紹介いただく医院を通じて事前予約が取れます
・紹介状のない方は、
特定療養費がかかります。当日は、原則として予約患者さん・紹介患者さんを優先的に拝見いたしますのでご了承下さい。なお、紹介状のない方の一般歯科治療に関しては近隣歯科医院に紹介させていただきます。その際、情報提供料が発生しますのであらかじめご了承ください。

外来受付・診療室

s22_11439866524789.JPG s22_11439866525057.JPG

外来受付は、形成外科と一緒です。診察室は5部屋あり、すべて区切られております。



顔と顎(あご)の治療センター

 人の顔は身体の一部ですが、その個人の認知識別の指標であり、個人の存在すべてを表す中心的な役割を持っています。顔は目、鼻、耳や口のような感覚器官が集中した情報伝達の中心でもあり、他人と交流する重要な窓口です。今まで、この大切な顔面を総合的に治療する専門分野はなく、一部の医師や歯科医師が取り組んでいるのみです。
 口腔外科は顎からつながる顔の一部の治療と言えます。そのため他の専門分野とタイアップすれば、患者さんにより高質の医療を提供できるはずです。皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、整形外科、放射線科、小児科、救急との連携可能な本院でこそ、上質の医療が可能になります。そこで形成外科と共同で口腔を含めた顔面全体の治療センターを設立することにしました。それら医学分野と歯学分野を統合して、形成外科と口腔外科が顔面治療の窓口になり、本邦初のセンターとして発展させます。

医師紹介 (医長以上)

部長 向山 仁(むこうやま ひとし)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

顎顔面リハビリテーション
(義歯、顎義歯等)
摂食嚥下障害
インプラント

専門医・認定医・指導医

日本補綴歯科学会専門医・指導医
日本顎顔面補綴学会認定医
ICD制度協議会認定ICD
TNT研修終了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

副部長 中島 雄介(なかじま ゆうすけ)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

口腔外科(口腔癌、口腔腫瘍)

専門医・認定医・指導医

日本口腔外科学会専門医
がん診療に関する医師に対する緩和ケア研修修了

医長 根岸 綾子(ねぎし あやこ)

出身大学

新潟大学

専門分野

口腔外科

診療実績

2015年度 診療実績

入院患者数 785人
外来患者数 12,228人
疾患名 <外来新患の症例分類別症例数症例数>

 顎関節 72
 一般歯科(院内) 138
 粘膜疾患 246
 顎骨嚢胞 48
 軟組織良性腫瘍 44
 軟組織嚢胞 19
 口腔ケア (院内) 900
 悪性腫瘍 25
顎変形症 0
 先天異常 5
 顎骨良性腫瘍 24
 外傷 104
 神経疾患 12
 炎症 91
 インプラント 14
歯の移植 1
 歯牙疾患 102
 歯周組織疾患 143
 智歯 280
 リンパ節疾患 0
 血液疾患 0
 心身症 9
 偶発症 4
 その他 17

<手術症例の報告>

術式
上下顎骨骨折観血的整復固定術 11
プレート・スクリュー除去術 6
顎骨腫瘍摘出術 51
歯根嚢胞摘出歯根端切除術 250
インプラント埋入術 6
上顎洞底挙上術 0
上顎嚢胞摘出術 0
腐骨除去術 1
歯牙移植術 2
舌悪性腫瘍切除術 6
上顎悪性腫瘍切除術 0
下顎悪性腫瘍切除術 1
口蓋腫瘍摘出術 2
軟組織腫瘍摘出術 8
軟組織嚢胞摘出術 0
口腔上顎洞瘻孔閉鎖術 1
がま腫摘出術 0
唾石摘出術 0
歯槽骨骨折観血的整復固定術 0
補綴前軟組織処置 0
その他 4
合計 (例) 377

その他の内訳
25年度 頸部膿瘍切開、気管孔閉鎖術、歯肉頬粘膜移植  各1例
26年度デブリードマン、軟組織異物除去、軟口蓋裂創縫合、抜歯窩再掻爬、各1例
27年度全頸部郭清術1例、舌口底悪性腫瘍切除術1例、耳下腺腫瘍切除術(浅葉切除2例
入院患者数
785人
外来患者数
12,228人
疾患名
<外来新患の症例分類別症例数症例数>

 顎関節 72
 一般歯科(院内) 138
 粘膜疾患 246
 顎骨嚢胞 48
 軟組織良性腫瘍 44
 軟組織嚢胞 19
 口腔ケア (院内) 900
 悪性腫瘍 25
顎変形症 0
 先天異常 5
 顎骨良性腫瘍 24
 外傷 104
 神経疾患 12
 炎症 91
 インプラント 14
歯の移植 1
 歯牙疾患 102
 歯周組織疾患 143
 智歯 280
 リンパ節疾患 0
 血液疾患 0
 心身症 9
 偶発症 4
 その他 17

<手術症例の報告>

術式
上下顎骨骨折観血的整復固定術 11
プレート・スクリュー除去術 6
顎骨腫瘍摘出術 51
歯根嚢胞摘出歯根端切除術 250
インプラント埋入術 6
上顎洞底挙上術 0
上顎嚢胞摘出術 0
腐骨除去術 1
歯牙移植術 2
舌悪性腫瘍切除術 6
上顎悪性腫瘍切除術 0
下顎悪性腫瘍切除術 1
口蓋腫瘍摘出術 2
軟組織腫瘍摘出術 8
軟組織嚢胞摘出術 0
口腔上顎洞瘻孔閉鎖術 1
がま腫摘出術 0
唾石摘出術 0
歯槽骨骨折観血的整復固定術 0
補綴前軟組織処置 0
その他 4
合計 (例) 377

その他の内訳
25年度 頸部膿瘍切開、気管孔閉鎖術、歯肉頬粘膜移植  各1例
26年度デブリードマン、軟組織異物除去、軟口蓋裂創縫合、抜歯窩再掻爬、各1例
27年度全頸部郭清術1例、舌口底悪性腫瘍切除術1例、耳下腺腫瘍切除術(浅葉切除2例

2014年度 診療実績

入院患者数 623人
外来患者数 12,207人
新患者の症例分類別症例数 <外来症例数>
 
 顎関節              94
 一般歯科(院内)         102
 粘膜疾患             195
 顎骨嚢胞             39
 軟組織良性腫瘍          22
 軟組織嚢胞            14
 口腔ケア             935
 悪性腫瘍             17
 顎変形症             0
 先天異常             2
 顎骨良性腫瘍           12
 外傷               87
 神経疾患             11
 炎症               95
 インプラント           10
 歯の移植             1
 歯牙疾患             90
 歯周組織疾患           105
 智歯               238
 リンパ節疾患           0
 血液疾患             0
 心身症              8
 偶発症              4
 その他              5

<手術症例の報告>
 
 上下顎骨骨折観血的整復固定術   13
 顎骨腫瘍摘出術          47
 歯根嚢胞摘出歯根端切除術     29
 プレート除去術          10
 インプラント埋入術        3
 埋伏歯抜歯術           179
 上顎嚢胞摘出術          0
 腐骨除去術            0
 歯牙移植術            2
 軟組織腫瘍摘出術         7
 上顎洞底挙上術          0
 インプラント除去術        1
 舌部分切除術           1
 上顎部分切除術          0
 下顎辺縁切除術          1  
 軟組織嚢胞摘出術         0
 口腔上顎洞瘻孔閉鎖術       0
 がま腫摘出術           1
 唾石摘出術            0
 歯槽骨骨折観血的整復固定術    0
 補綴前処置            0
 口蓋腫瘍摘出術          4
 その他              4
 (デブリードマン、軟組織異物除去、軟口蓋裂縫合、抜歯窩再掻爬 各1)
入院患者数
623人
外来患者数
12,207人
新患者の症例分類別症例数
<外来症例数>
 
 顎関節              94
 一般歯科(院内)         102
 粘膜疾患             195
 顎骨嚢胞             39
 軟組織良性腫瘍          22
 軟組織嚢胞            14
 口腔ケア             935
 悪性腫瘍             17
 顎変形症             0
 先天異常             2
 顎骨良性腫瘍           12
 外傷               87
 神経疾患             11
 炎症               95
 インプラント           10
 歯の移植             1
 歯牙疾患             90
 歯周組織疾患           105
 智歯               238
 リンパ節疾患           0
 血液疾患             0
 心身症              8
 偶発症              4
 その他              5

<手術症例の報告>
 
 上下顎骨骨折観血的整復固定術   13
 顎骨腫瘍摘出術          47
 歯根嚢胞摘出歯根端切除術     29
 プレート除去術          10
 インプラント埋入術        3
 埋伏歯抜歯術           179
 上顎嚢胞摘出術          0
 腐骨除去術            0
 歯牙移植術            2
 軟組織腫瘍摘出術         7
 上顎洞底挙上術          0
 インプラント除去術        1
 舌部分切除術           1
 上顎部分切除術          0
 下顎辺縁切除術          1  
 軟組織嚢胞摘出術         0
 口腔上顎洞瘻孔閉鎖術       0
 がま腫摘出術           1
 唾石摘出術            0
 歯槽骨骨折観血的整復固定術    0
 補綴前処置            0
 口蓋腫瘍摘出術          4
 その他              4
 (デブリードマン、軟組織異物除去、軟口蓋裂縫合、抜歯窩再掻爬 各1)

ページTOPへ