MENU

緩和ケアセンター

  • ① 緩和ケアとは

  • ② 緩和ケア病棟の紹介

  • ③ 緩和ケア病棟お申し込みから外来受診までの流れ

  • ④ 外来受診当日の流れ

  • ⑤ 外来受診から緩和ケア病棟入棟まで

  • ⑥ 緩和ケア病棟入棟後について

  • ⑦ 緩和ケアチームについて

緩和ケアとは

がんによる体や心のつらさを和らげ、患者さんやご家族が自分らしい生活を送れるようにすることです。

今までのがん医療の考え方では、「がんを治す」ということに関心が向けられ、患者さんのつらさに対して十分な対応ができていませんでした。また、緩和ケアをがんの進行した患者さんに対するケアと誤解しまだ緩和ケアを受ける時期ではないと思い込んでしまう患者さんやご家族は今も少なくありません。

しかし最近では、患者さんがどのように生活していくのかという療養生活の質もがんを治すことと同じように大切と考えられるようになってきています。緩和ケアは、患者さんの体や心のつらさを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方ですから、診断されてからの期間や、がんの病状によって緩和ケアを受ける、受けないを決めるというものではありません。

緩和ケアは、つらいときは、患者さんがどのような病状であっても、どのような時期にも受けることができますし、ご家族のつらさにも対応しています。

当院には、緩和ケアチーム・緩和ケア病棟があります。
緩和ケアチーム:緩和ケア病棟以外に入院されている患者さんとご家族が対象となります。
緩和ケア病棟:緩和ケアをうけることを目的に入院を希望される患者さんとご家族が対象となります。

緩和ケア病棟の紹介

緩和ケア病棟では、痛みや息切れ、吐き気、眠れないなどの身体のつらさから、不安などの気持ちのつらさに至るまで、患者さんやご家族のつらさが少しでも和らぐように支えていきます。

当病棟では、症状がつらい時には入院いただきますが、一般の病院と同じように、症状を軽くして、また家で過ごしていただけるようにすることを目標としています。しかしながら、病状の進行に伴い、家で過ごすことがかえってつらい場合もありえますので、その際は、緩和ケア病棟が家のかわりとして過ごしていただけるように、環境を整えています。

抗がん剤や放射線治療など積極的な治療を行っている患者さんでも、将来的な入院希望で、緩和ケア病棟入院相談外来を受診いただくことは可能です。

入院につきましては、入棟基準を満たす必要がありますが、先着順での入院ではなく、病状やご家族の状況などに配慮し、入院の優先順位を随時見直しています。

当病棟は、地域の在宅診療の先生方との連携を重視しており、特に家で過ごされている患者さんの入院希望につきましては、できうる限り早急に対応いたします。

“あなたらしさを支える みなと かんわ”

をスローガンとし、皆様に信頼される病棟運営を心掛けています。

緩和ケア病棟お申し込みから外来受診までの流れ

当院緩和ケア病棟への入院を希望される場合、まず緩和ケア病棟入院相談外来を受診いただきます。
なお、外来日当日のご入院はお受けしていません。

院内(横浜市立みなと赤十字病院入院中もしくは外来通院中の患者さん)の患者さんの場合

おかかりの主治医の先生に、緩和ケア病棟入院相談外来の予約を取ってもらってください。

院外(他院入院中 もしくは 他院外来通院中)の患者さんの場合

受診前に、下記書類などを準備いただき、当院がん支援センターに送付ください。

ご用意いただくもの

  • 診療情報提供書
  • 連絡先のわかるもの(メモ程度でもかまいません)
  • 血液検査資料
  • 画像検査資料(CT・MRIなどのCD-ROM)
  • 病理組織診断結果 など

上記書類がそろいましたら、下記宛てに送付または持参ください。

  • 送付先
    〒231-8682
    神奈川県横浜市中区新山下3-12-1
    横浜市立みなと赤十字病院 がん相談支援センター
    TEL.045-628-6317(直通)
    平日(月)~(金)8:30-17:00 土日祝日は、お休みです。

書類到着次第、内容を確認し、当院より入院相談外来の日時について、ご連絡差し上げます。
お急ぎのご相談の場合は、電話連絡をいただき、面談日時を決めることも可能です。
状況により、随時入院相談外来をお受けいたしますので、その際は、書類等を直接持参ください。

外来日時について

毎週木曜日以外に、入院相談外来を設けています。

10:00~ 日下部
10:30~ 日下部
11:00~ 鈴木
(第1/3週)
11:30~ 鈴木
(第1/3週)
14:00~ 鈴木 鈴木 鈴木
(第2/4/5週)
鈴木
14:30~ 鈴木 鈴木 鈴木
(第2/4/5週)
鈴木
15:00~ 鈴木 鈴木
(第2/4/5週)
鈴木
  • 当日は、保険証を持参ください。
  • 外来時間は、病棟見学を含め、約30分となります。
  • 月曜日午前中は、みなと赤十字病院入院中または通院中の患者さん専用となります。
    水曜日は、第1週・第3週は午前のみ、第2週・第4週・第5週は午後のみとなります。
  • 外来には、必ずしもご本人がいらっしゃる必要はありません。
    病状を理解されているご家族の代理受診も可能です。
    予約の電話連絡の際に、どなたが来院されるかお教えください。

外来受診当日の流れ

当院到着後、1階の外来受付で受付をお願いいたします。

受付終了後、2階の緩和ケア外来にお越しください。
入口にインターホンがありますので、お知らせいただいた後、右奥の待合室でお待ちください。
お待ちの間に、緩和ケア病棟入院相談にあたってのご質問への記入をお願いいたします。

面談では、在宅または入院先での様子(症状、移動、食事状況など)、介護保険申請の有無、訪問診療・訪問看護の導入状況、ご家族についてなどなど伺った後に、緩和ケアと緩和ケア病棟についての説明をさせていただきます。

その後、下記緩和ケア病棟入棟にあたっての確認事項させていただきます。

  • ご本人に病名告知がなされていること
  • 延命治療(人工呼吸器管理・血液透析・心肺蘇生術など)を行わないことに納得されていること
  • がんによる緩和されるべきつらさがあること(介護目的の入院はお受けできません)
  • ご本人・ご家族、当病棟即時入院による症状の緩和を希望されていること
  • 当病棟では、がんの積極的な治療(抗がん剤・放射線治療など)を行わないことに納得されていること
  • 上記条件を満たした上で、入棟を希望される場合、電話などで入棟の意思表示をしていただくこと(入棟の意思表示をいただきますと、概ね数日でご入院いただけるよう善処して参ります)
  • 緩和ケア病棟入棟までの診療は、緊急時含め紹介元医療機関などにお願いさせていただくこと
  • 病室は全室個室で、有料部屋(15120円/日)からのご案内となること
  • 入院が長期化した場合は、当病棟退棟判定会議を開催し、退棟を進めさせていただくことがあること

緩和ケア病棟は、上記確認事項を満たした場合に利用できることに納得いただきましたら、同意書を発行させていただきます。

面談後、病棟内をご案内いたしますので、病室・設備などをご確認いただきます。
病棟見学後、利用希望がございましたら、同意書を提出いただきます。

外来受診から緩和ケア病棟入棟まで

外来受診後入院まで

当院緩和ケア内科では、定期的な外来診療を行っておりません。
当院緩和ケア病棟に入棟されるまでは、紹介元の医師が主治医となりますので、ご注意ください。

利用同意書を提出いただいた後、当病棟利用希望がでましたら、電話などで利用希望の意思表示をしていただきます。意思表示を頂いた時点で、状況を再確認させていただきます。

概ね数日以内に緩和ケア病棟に入院できるように善処して参ります。

当病棟では、入院は予約にて対応しているため、夜間休日の緊急入院はお受けしておりません。

病状の変化をお知らせいただくために、ご本人またはご家族様より適宜連絡をいただいております。

定期連絡
病状が落ち着いている場合は、1か月に1回程度、経過の連絡をいただいております。
治療状況や体調、症状の変化など伺います。
ご本人・ご家族の意思を重視しておりますので、当方から電話連絡をさせていただくことはありません。

他院入院中の患者さんの転院について
他院からの転院につきましては、適宜病状と空き状況を考慮し、転院日を決めさせていただきます。
連絡は、ご家族または病院間でさせていただきます。

緊急時対応について

緊急時の対応につきましては、紹介元により対応が異なりますので、下記を参照ください。

院内(横浜市立みなと赤十字病院通院中の患者さん)からのご紹介
横浜市立みなと赤十字病院に通院中の患者さんは、主治医グループでの対応となります。
夜間休日でも当直医師が対応いたしますので、当院に連絡ください。

院外(紹介元が横浜近傍の病院・診療所)からのご紹介
当院緩和ケア病棟では、夜間休日の緊急対応はできませんので紹介元の病院・診療所に連絡をお取りください。紹介元には、緊急時に対応くださるようお願いしております。

院外(紹介元が横浜以外、県外の病院・診療所)からのご紹介
当院緩和ケア病棟入院相談外来受診と並行して、あらかじめ緊急対応をしてくださる病院・診療所を決めていただく必要があります。
ご希望があれば当院がん相談支援センターでも、ご相談させていただきますので、外来予約時にお知らせください。

緩和ケア病棟入棟後について

入院の費用

一般病棟と同様に各種健康保険が適応されます。
加入されている健康保険や所得によっては、限度額認定証の手続きができます。

病室のご案内

緩和ケア病棟は、全室個室となっています。
差額室料:1日15120円(消費税込)*健康保険適応外

病室のご案内

個室料金のかからない無差額個室の用意もございますが、公平に利用して頂くために、緩和ケア病棟入棟時に無差額個室の申込みをしていただき、申し込み順での移動となります。
最初は、個室料金のかかる有差額個室からのご利用となります。あらかじめご了承願います。

入院期間が長期となった場合

随時緩和ケア病棟退棟判定会議を開催させていただき、退棟を勧めさせていただくことがあります。

入院後の療養生活

面会は、24時間可能です。ご希望があれば、いつでも病室での家族付き添いも可能です。

ご本人の生活スタイルに合わせられるように配慮しています。

  • ペットの面会や、主治医の許可があれば飲酒も可能です。
  • 食事は、嗜好にあわせて食事内容の調整を行っています。
  • 喫煙は、院内全面禁煙となっておりできません。

採血・レントゲンなどの検査、食事が摂れないときの点滴、症状緩和目的の酸素吸入や、胸水・腹水を抜く処置などの一般診療は行っていますが、無理な延命治療は行いません。

体調が安定していれば、外出・外泊・退院も可能です。

定期的に病棟スタッフが企画した季節のイベントを行っています。
病院ボランティアやハプティックセラピーなどのボランティアも活動しています。

病室のアメニティ:テレビ・冷蔵庫・トイレ・洗面台・クローゼット・ソファー
病棟設備:デイルーム・家族キッチン・介護浴室・家族控室(和室・洋室)・病棟専用出入口

病棟のお部屋の様子/病棟図

緩和ケアチームについて

主治医や病棟看護師と連携しながら入院中の患者さん・ご家族のからだや心のつらさが軽減し、その人らしく生活できるようお手伝いします。がん患者さんだけではなく、心不全をはじめとする非がん患者さんのつらさにも対応しております。

緩和ケア専門外来は、当院通院中の患者さんのみ診療をお受けしています。
外来日:毎週木曜日 午前のみ
場所:2階緩和ケアセンター
いずれも、診療を希望される方は、主治医、看護師、病棟薬剤師へお伝えください。