災害救護

HOME > 災害救護 > 災害に備えて > 医療チーム

医療チーム

救護班

救護班は、全国の赤十字病院から交代で被災地に派遣され、災害発生直後から数ヶ月が経過した時期までの活動に対応しています。

救護班の基本構成は医師1名、看護師3名、主事2名ですが、当院では薬剤師1名を追加して計7名で構成し、常備救護班として7班を編成しています。

救護班は自力で被災地まで移動し、活動に必要な医薬品・診療材料、救護班員の衣食住は全てを自分たちで賄う「自己完結型」の活動を行います。

DMAT

厚生労働省が整備を進める災害時派遣医療チーム(DMAT)は、医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。

当院は、神奈川県からDMAT指定病院の指定を受けており、派遣基準に該当する災害が発生した場合には、神奈川県知事からの派遣要請によりDMATを派遣します。神奈川DMATは医師、看護師、業務調整員からなる1チーム5人編成を基本としており、災害の状況に応じて、DMAT隊員資格を有する職員でチームを編成して派遣します。

神奈川DMAT-L

当院は、神奈川県から神奈川DMAT-L指定病院の指定を受けています。神奈川DMAT-Lの「L」は「Local」の意味です。

神奈川DMAT-Lは、神奈川県内で発生した災害に対して、初動対応から対応が可能な能力を持ち、局地災害対応の専門的な研修、訓練を受けた災害派遣医療チームで、神奈川県知事からの派遣要請に基づいて派遣します。

DPAT

自然災害や航空機・列車事故、犯罪事件などの大規模災害等の後に、被災者及び支援者に対して、精神科医療及び精神保健活動の支援を行うための専門的な精神医療チーム(Disaster Psychiatric Assistance Team)です。

当院は神奈川県からかながわDPATの登録医療機関に登録されており、神奈川県知事からの派遣要請に基づきDPATを派遣します。

YMAT

横浜市内で発生した自然災害、交通災害などで、複数の重症者や多数の負傷者が発生、又は発生が予想される場合は、横浜市消防局との連携により、当院から医師、看護師を現場に派遣し、現場から医療活動を開始するための医療チーム(Yokohama Medical Ambulance Team)です。

ページTOPへ