災害救護

HOME > 災害救護 > 訓練・研修会 > 訓練・研修会について

訓練・研修会について

当院では、年間を通して災害救護活動に関する訓練、研修会に積極的に取り組んでいます。赤十字内部だけではなく、行政機関や救助機関との訓練にも参加し、日頃から連携を深めています。

主な訓練のご紹介

1 横浜市立みなと赤十字病院総合防災訓練

当院は災害拠点病院に指定されているため、横浜が被災地となった場合には、多くの傷病者を受け入れることが求められています。そこで、病院の外来スペースを利用して傷病者を受け入れることを想定し、傷病者の受入れから治療の訓練を行うほか、院内の災害対策本部での情報収集・分析、指揮命令等に関する訓練も行います。

2 災害時通信訓練

当院では災害時にも通信を確保するために、日本赤十字社業務用無線、神奈川県MCA無線、横浜市MCA無線、衛星電話、災害時優先電話、広域災害救急医療情報システム(EMIS)等、様々な通信手段を準備しています。

これらの通信手段を災害時にも確実に活用するため、毎月1回、通信訓練を実施しています。

3 赤十字救護班主事研修会BASIC(救護班主事コース)

赤十字の救護班では、救護班が最も効果的な医療活動ができるように、情報収集や関係機関との連絡、診療サポート、活動環境整備を担当する、主事という職種があります。

この研修会は、救護班主事に求められる基本的な知識、技術、姿勢等の修得を目指して、神奈川県内の赤十字施設が合同で開催します。

当院では、医師、看護師以外の職種の職員が救護活動を行なうための基礎となる研修会と位置付けており、救護班の「主事」になるためには、まずはこの研修会を受講するところから始まります。

4 赤十字救護班主事研修会ADVANCE(連絡調整要員コース)

赤十字救護班主事研修会BASICを修了した職員を対象に、より円滑な救護活動が実施できるよう、関係機関や他の医療チーム等との連絡・調整能力の向上を目的に、神奈川県内の赤十字施設が合同で開催します。

また、被災地での活動時だけではなく、病院が被災した場合には、援助を受ける側としての調整に関する能力の向上も目的としています。

5 救護員としての赤十字看護師養成研修

災害時に看護専門職として的確に判断して行動し、赤十字の理念や基本原則に則って生命を救い、苦痛を軽減できるよう、救護員としての赤十字看護師の立場と役割を理解し、必要な知識、技術、態度を習得することを目的として、神奈川県内の赤十字施設合同で開催します。

6 救護員対象こころのケア研修

災害による被災者と救援者である救護員自身への心理的影響の特性や、こころのケアの必要性について理解を深め、被災者に対するこころのケアが実施できると共に、救護員自身のこころのケアに関する対処方法の修得を目指し、神奈川県内の赤十字施設合同で開催します。

7 救護班要員教育訓練

医師、看護師、薬剤師、主事で救護班1班を編成して参加する訓練で、神奈川県内の赤十字施設合同で開催されます。

訓練は二部構成になっており、訓練Ⅰは医療救護活動に関する座学を中心に、1日で実施します。訓練Ⅱは、救護所の立上げやトリアージ、傷病者の受入れ訓練などを行うほか、救護班の出動から現地での活動、病院への帰還までの一連の流れなど、実動訓練を中心に、神奈川県内の宿泊施設を会場として、一泊二日で行います。

この訓練は、今後の実動訓練や、災害派遣に向けての最も基礎となる重要な訓練です。

8 九都県市総合防災訓練

毎年9月頃、九都県市総合防災訓練が開催され、神奈川県内の3赤十字病院(当院、秦野赤十字病院、相模原赤十字病院)から救護班を派遣し、神奈川県会場、川崎市会場、横浜市会場の訓練に参加しています。

この訓練では、関係機関や他の医療チームとの連携を確認する他、県民、市民の皆様に災害救護活動の一部をご覧いただく機会でもあります。

9 航空機事故対処総合訓練

国土交通省東京航空局東京空港事務所と日本赤十字社神奈川県支部は、東京国際空港(羽田空港)で航空機事故が発生した場合の医療救護活動に関する協定を締結しており、事故発生時は東京国際空港に近い当院から救護班が派遣されます。

この協定に基づき、毎年、東京国際空港で開催される訓練に、当院から救護班が参加しています。

10 船舶事故対応訓練

横浜は海に面した地域ということもあり、第三管区海上保安本部と日本赤十字社神奈川県支部は、船舶事故が発生した場合や大規模災害が発生した場合には、協力して救護活動を実施するための協定を締結しています。

この協定に基づき、毎年、船舶事故を想定した医療救護活動訓練を実施しています。

ページTOPへ