診療科・部門紹介

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 緩和ケアセンター

緩和ケアセンター

緩和ケアとは

 重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアをいいます。
 緩和ケアセンターでは、緩和ケア専門外来、緩和ケアチーム、緩和ケア病棟の運営を行い、患者さんの症状緩和を中心とした療養支援を行っています。がんと診断された時から緩和ケアチームが一般病棟や外来において緩和ケアの推進を行い、がん治療が難しくなった段階では緩和ケア病棟においてシームレスにケアが提供できるように体制を整えています。いずれにおいても関連職種による患者さん中心のチーム医療を基本として、患者さんの身体的及び精神的苦痛が最少になるよう日々ケアにあたっています。また、緩和ケア研修会や緩和ケア関連の講演会の企画もしており、地域の緩和ケアの普及にも努めています。

基本理念

赤十字の「人道」の理念のもと、がんなどの悪性疾患による心身の苦痛を伴った患者さんの症状緩和に努め、家庭を基盤に「その人らしく」生活できるよう、地域連携を大切にして、患者さん・ご家族を支援することを目指します。

緩和ケア病棟の紹介

緩和ケア病棟ってこんなとこ(PDFファイル)

フロアマップ

病室・緩和ケア専用の出入り口(1階)

病棟からの風景

◎病床数

全室個室25床(有差額個室12床、無差額個室13床)。有差額個室1日15,120円となります。
2人がけソファー、テーブル、冷蔵庫、テレビ、電話、有線放送、ロッカーなど

◎病棟設備

多目的室、介護浴室、専用庭園、食堂・ディルーム、キッチン、家族控室2室・TV つき(和・洋)
専用駐車場、専用出入り口

◎スタッフについて

 緩和ケア内科医師、緩和ケアを専門とする看護師が中心となって質の高いケアを提供しています。また、薬剤部、栄養課、リハビリ科、療養・福祉相談部門などさまざまな職種によるスタッフとも協働しチーム医療を実践しています。 さらに、心のケアを特に必要とされる方には精神科医師や専門看護師、臨床心理士もチーム員として一緒に対応をしていきます。

◎病棟方針

 入院は在宅で過ごされている方を優先とさせていただいております。また、緩和ケア病棟は有差額個室 12 床、無差額個室 13 床で運用されています。無差額個室をご希望の患者さんが多いのが現状ですが、順次無差額個室をご案内させていただいておりますので、あらかじめご理解くださいますようお願いいたします。

 緩和ケア病棟入院相談外来を受診し登録完了されている患者さんが緊急で入院を希望され、緩和ケア病棟が満床の場合には、やむをえず一般病棟に入院をしていただく場合があります。一般病棟に入院中の緩和ケア内科の患者さんは、緩和ケア病棟のベッドが空いた時点で、順次転棟していただくことになっておりますので、この点もあわせてご了解をお願いします。

入棟基準

1)がんまたは悪性腫瘍によるつらさや衰弱により自宅で過ごすことが難しい
2)患者さんが告知を受けていること
3)緩和ケアの意義を十分に理解し、緩和ケア病棟への入院を希望されている
4)がんに対する積極的な治療(抗がん剤や放射線治療など)は行わない事に対して
  納得されている
5)緩和ケア病棟入院相談外来を受診し、申込書を提出されている
6)入棟の対象とならない方
  ① 緩和の対象となるつらい症状が特になく介護が入院の主たる目的の方
  ② 透析をしている
  ③ 継続的な輸血を必要とする
  ④ 人工呼吸器、昇圧剤などの延命治療を希望される

退棟基準

1)患者さんあるいはご家族が退院を希望される
2)がんに対する積極的な治療を希望される
3)がんや悪性腫瘍以外の病気を有し、その治療を優先する必要がある
4)つらい症状が緩和され、症状が安定している

緩和ケア病棟入院相談外来受診までの準備

1)現在かかりつけの医師に緩和ケア病棟を利用したいことをお話し、次の書類の準備をお願いします。
  ① 診療情報提供書
  ② 検査データ
  ③ 画像CD-R

2)書類は一つにまとめて、横浜市立みなと赤十字病院にある1階がん相談支援センターに
  郵送されるか、直接ご持参ください。郵送される場合は、かかりつけの病院から当院へ
  直接送っていただいてもかまいませんし、ご本人・ご家族から郵送されてもどちらでも結構です。

【送付の場合】
  〒231-8682
  横浜市中区新山下3丁目12番1号
  横浜市立みなと赤十字病院 がん相談支援センター 宛て
  緩和ケア病棟入院相談外来時お尋ね項目用紙

  封筒の裏面には、氏名、住所、電話番号を記載ください。

【持参の場合】
  平日: 月曜日~金曜日 8:30~17:00 がん相談支援センターの窓口
  場所はこちらになります。

3)上記の書類が当院に届いてから1週間以内に、緩和ケア病棟への入院相談の外来日を
  お電話で連絡致します。
  外来日につきましては、ご本人さん・ご家族の都合に配慮致しますのでご安心
  ください。

4)ご不明な点がございましたら、がん相談支援センター ☎045-628-6317(直通)まで
  お問い合わせください。

緩和ケア病棟入院相談外来受診当日の流れ

1)保険証(患者本人のもの)をご持参ください。
  なお、限度額適用認定証や(70歳以上の方)標準負担額減額認定証をお持ちの方は
  ご持参ください。
2)正面玄関からお入りください
3)左手1番窓口で、受診の手続きをお願いします。
  書類一式を事前に送付していることをお伝えください。
  緩和ケア病棟から送付した葉書を窓口の事務にみせていただくと手続きが簡単と
  なります。
4)2階にある緩和ケアセンターへお越しください。

※緩和ケア病棟入院相談外来受診日申し込み後の目安:1~2週間
※緩和ケア病棟入院目安:入院希望の連絡をいただいて1週間以内(満床の場合はこの限りではありません。)

ページTOPへ