呼吸器外科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 呼吸器外科

ページメニュー

専門分野

肺悪性腫瘍
縦隔・胸壁疾患

紹介文

s11_1227170416381.JPG

呼吸器外科では、原発性肺癌、転移性肺腫瘍、気胸・肺嚢胞性疾患、縦隔・胸壁腫瘍などの胸部疾患を扱います。

【原発性肺癌】 原発性肺癌とは肺に発生した悪性腫瘍のことをいいます。肺腫瘍に対しては呼吸器科と連携して気管支鏡を行って確実な診断を目指します。確定診断がつき、手術適応と判断された段階で紹介される場合が多いのですが、それでも診断がつかない場合には手術中に針生検などの迅速病理診断を行うこともあります。手術は標準術式としての肺葉切除・リンパ節郭清を基本としています。呼吸機能が悪い患者さんでは、術後機能温存のために肺の切除範囲を狭める区域切除・部分切除などを選択することもあります。また病理結果によっては、術後補助化学療法を行います。

【転移性肺腫瘍】 大腸癌、乳癌、頭頚部癌、腎癌、骨軟部腫瘍、子宮癌・卵巣癌などの肺転移が手術の対象になる場合があります。定期的な胸部X線やCTでの経過観察中に見つかることが多く、大部分の症例では胸腔鏡下肺部分切除ですむことが可能です。しかし発生した部位によっては大きく切除せざるをえないこともあります。

【気胸・肺嚢胞性疾患】 再発気胸、難治性の気胸症例は手術の適応になります。また初発でも希望があれば手術を行います。手術は胸腔鏡を用いて行います。術後1-2日間は胸腔ドレーンを挿入しておきますが、抜糸を外来で行うなどして入院期間は短期ですむようにします。最近では肺表面にシートを貼付して再発の防止につとめています。

【縦隔・胸壁腫瘍】 縦隔は心大血管・食道などの重要な臓器に囲まれた部であり、そこにできる腫瘍の剥離は細心の注意が必要で時に合併切除を要することもあります。胸腺腫が最も多く、大きいものでは胸骨正中切開で行いますが、小さなものは創も小さく侵襲の少ない胸腔鏡下切除を積極的に行います。胸壁は胸腔を外界から隔てる組織です。胸腔鏡を積極的に使用して切除しますが、切除範囲が広い場合はメッシュなどによる再建が必要となることもあります。

【特色】 呼吸器外科では、術前検査は外来や呼吸器科入院中に行い、入院期間は肺癌で術後7日前後、若年者自然気胸で術後2-3日と短くてすむような体制をとっています。院内は全て電子カルテであり、クリニカルパスを導入して周術期の管理に活用しています。
呼吸器外科専門医合同委員会の関連施設に認定されています。

スタッフ
下山 武彦 
1995年 信州大学医学部卒
主な経歴
1995年 東京医科歯科大学胸部外科
1996年 九段坂病院麻酔科・外科
1998年 土浦協同病院心臓血管外科
2000年 東京医科歯科大学大学院心肺機能外科
2001年 新潟県立がんセンター新潟病院呼吸器外科
2002年 東京医科歯科大学大学院心肺機能外科
2005年~横浜市立みなと赤十字病院呼吸器外科医長

2005年 東京医科歯科大学 大学院博士課程卒業 博士号取得
呼吸器外科専門医 日本胸部外科学会認定医 日本外科学会専門医・指導医

呼吸器外科外来日:月・水曜日午前 金曜日午前(再診のみ)
(外来日以外、時間外でも適宜対応いたします)

下の閲覧をクリックしてください。

肺癌登録合同委員会

肺癌登録合同委員会 第7次事業:2010年肺癌手術症例の全国登録調査

原発性肺癌は本邦における死因の第1位であり、日本国民の健康福祉の向上のために治療成績の向上が求められています。原発性肺癌の治療には外科治療、抗癌化学療法、分子標的療法、放射線療法がありますが、根治のためには外科治療が必須です。外科治療の成績の更なる向上のためには、大規模なデータベースによる治療成績の把握により、外科治療の適応や術式の妥当性が検討される必要があります。
日本肺癌学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会の4学会が合同で運営する肺癌登録合同委員会は、日本の肺癌診療の診療成績を把握するため、定期的に全国の施設に協力を求めて、大規模データベースを構築してきました。肺癌登録合同委員会は、今回、第7次事業として2010年の原発性肺癌外科治療症例の後ろ向き登録を開始することになりました。登録症例の解析結果をもとに、最新の肺癌治療成績を把握し、今後の肺癌診療に活かしていく予定です。また当事業の症例データベースは世界肺癌学会の国際データベース事業とも共同して、国際対癌連合(Union internationale contre le cancerあるいは The Union for International Cancer Control、略してUICC)による TNM分類の改定にも貢献する予定です。
当院は、2010年に付属病院で肺癌に対する外科治療を受けられた患者さんの診療情報を肺癌登録合同委員会 第7次事業に登録し、全国および国際共同研究に貢献する予定です。研究計画書は、事務局である大阪大学 呼吸器外科学のホームページにも掲載されていますので、必要な場合はご確認ください。
個人情報の管理は厳重にしておりますので、ご理解お願いします。
ただし事業と研究への参加を拒否される場合はご連絡ください。拒否の申し出のある患者さんの診療情報の登録は致しません。
ご協力よろしくお願いいたします。

医師紹介 (医長以上)

部長 下山 武彦(しもやま たけひこ)

出身大学

信州大学

専門分野

肺悪性腫瘍
縦隔・胸壁疾患

専門医・認定医・指導医

呼吸器外科専門医(呼吸器外科専門医合同委員会)
日本呼吸器外科学会評議員
日本胸部外科学会認定医
日本外科学会外科専門医・指導医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

診療実績

2015年度 診療実績

疾患名 手術症例数
原発性肺癌      36例
転移性肺腫瘍       6例
自然気胸       21例
縦隔腫瘍         4例
その他         10例
疾患名
手術症例数
原発性肺癌      36例
転移性肺腫瘍       6例
自然気胸       21例
縦隔腫瘍         4例
その他         10例

2014年度 診療実績

疾患名 手術症例数
原発性肺癌      28例
転移性肺腫瘍       8例
自然気胸       20例
縦隔腫瘍         2例
その他          7例
再入院 なし
再手術 なし
合併症 術後間質性肺炎増悪  1例
死亡例 なし
疾患名
手術症例数
原発性肺癌      28例
転移性肺腫瘍       8例
自然気胸       20例
縦隔腫瘍         2例
その他          7例
再入院
なし
再手術
なし
合併症
術後間質性肺炎増悪  1例
死亡例 なし

ページTOPへ