呼吸器内科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 呼吸器内科

ページメニュー

専門分野

肺がん・呼吸器疾患全般

紹介文

 呼吸器疾患全般の診療を行なっていますが、特に肺がんの診療に力を入れています。
 PET/CTを積極的に用いた精度の高い診断を行っており、治療においても患者さんにとって最適な選択を集学的に行えるよう心がけております。
 手術可能症例は、呼吸器病センター内で、呼吸器外科と綿密に打ち合わせをし、なるべく侵襲の少ない胸腔鏡下での手術を行うようにしています。また手術困難症例では、放射線科で定位放射線療法を積極的に行っております。
 内科治療においても標準的抗がん剤治療はもちろんのこと、最新の化学療法レジメンに対応し、分子標的薬やがん免疫療法も行っております。
 がん性疼痛などの症状緩和には、緩和ケアチームと連携し細やかな疼痛コントロールを行うとともに、終末期の患者さんには緩和ケア内科での専門的緩和医療を受けていただいております。
 また肺がんの予防のため禁煙外来を行うとともに、横浜市の肺がん検診二次読影に参加、中区読影会に読影指導医を派遣して早期発見に努めています。当院健診センターの肺がん検診でも指導医2名が読影を行っております。
 この様に肺がんの予防から健診、診断、内科治療、手術、放射線療法、緩和ケアと一貫した対応が当院のみで可能であり、呼吸器病センターでは3名の日本がん治療認定医機構がん治療認定医が診療にあたっております。

がん免疫療法

従来の細胞傷害性抗がん剤や分子標的薬に加え、近年、がん免疫療法として免疫チェックポイント阻害薬が承認されました。その後、一部の免疫チェックポイント阻害薬が、肺がんの第一選択薬として使用可能となり、当院でも適応のある患者さんに積極的に治療しています。

上のPET/CT画像は、当院でがん免疫療法を行った患者さんですが、赤丸の中の肺がん病変に対し、治療後3カ月で著明な効果が認められました。中には、非常に治療効果が高い患者さんがいらっしゃいます。

また、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎・肺線維症の患者さんにもガイドラインに基づいたエビデンスレベルの高い診療を行っております。

医師紹介 (医長以上)

部長 河﨑 勉(かわさき つとむ)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

呼吸器一般
肺腫瘍

専門医・認定医・指導医

日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本アレルギー学会アレルギー専門医・指導医(内科)
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本内科学会認定内科医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
医学博士
難病指定医(呼吸器内科)
身体障害者福祉法第15条の指定医師
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了
東京医科歯科大学臨床教授

副部長 鵜浦 康司(うのうら こうじ)

出身大学

群馬大学

専門分野

呼吸器一般
肺腫瘍

専門医・認定医・指導医

日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本アレルギー学会アレルギー専門医(内科)
日本内科学会認定内科医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
医学博士
難病指定医(呼吸器内科)
身体障害者福祉法第15条の指定医師
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修終了

副部長 岡安 香(おかやす かおり)

出身大学

東京医科歯科大学

専門分野

呼吸器一般、気管支喘息

専門医・認定医・指導医

日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本アレルギー学会アレルギー専門医(内科)
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本内科学会総合内科専門医
医学博士
日本医師会認定産業医
難病指定医(呼吸器内科)
身体障害者福祉法第15条の指定医師
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

診療実績

平成26年度 平成27年度 平成28年度
呼吸器感染症 416人 397人 406人
(誤嚥性肺炎) (259人) (174人) (134人)
肺癌 286人 346人 293人
間質性肺炎 73人 83人 69人
COPD 32人 59人 25人
自然気胸 39人 38人 27人
気管支喘息 20人 20人 23人
年間退院患者 1,071人 1,186人 1,069人
気管支鏡検査 215件 277件 250件
PET/CT検査 204件 258件 253件

ページTOPへ