放射線科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 放射線科

放射線科 について

第一放射線
(放射線治療)
癌治療には、手術療法、化学療法、放射線治療と3つの治療の柱がありますが、当科ではそのうちの1つ放射線治療を行っています。  
6,10MVのリニアックを有し、多岐にわたる悪性腫瘍を対象とした放射線治療を行っています。根治治療のみならず、緩和治療も行っています。  なお、治療にあたっては日本放射線腫瘍学認定医が行っています。
(核医学)
各種の放射性同位元素を用いた検査を行っています。最新のシンチレーションカメラ1台を使用しています。骨転移疼痛緩和治療のストロンチウム治療も行なっています。核医学専門医が診療を行なっています。
第二放射線
(画像診断)
最新の機器を使用して画像診断を行っています。当院のCTは4台すべてマルチスライスCTで、高速に画像データが得られます。4列CT 1台、16列CT 2台、128列CT 1台が稼働しています。 MRIは1.5テスラ装置 2台が稼働しています。
血管造影室3室を有しています。

医師紹介

放射線治療部長 大谷 洋一

専門分野

放射線治療
(特に頭頚部癌
乳がん
子宮頸がん
前立腺がん)

専門医・認定医・指導医

日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本医学放射線学会研修指導者
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

放射線診断部長 荻 成行

専門分野

放射線診断・核医学診断治療

専門医・認定医・指導医

日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会核医学専門医・PET核医学認定医
日本医学放射線学会研修指導者
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了

医師 徳田 俊英(とくだ としひで)

専門分野

IVR

専門医・認定医・指導医

日本IVR学会IVR専門医
公益社団法人日本医学放射線学会放射線診断専門医

診療実績

2010年度 診療実績

入院患者数 1,296人
外来患者数 4,414人
疾患名 転移性骨腫瘍43例
肺癌26例
乳癌25例
悪性リンパ腫7例
前立腺癌22例
食道癌17例
大腸癌8例
転移性リンパ節腫瘍12例
頭頚部癌14例
再入院 1例 (1.7%)
再手術 なし (0%)
合併症 放射線食道炎4例 (5.9%)
放射線肺炎2例 (2.9%)
皮膚潰瘍5例 (7.8%)
放射線直腸癌2例 (6.7%)
放射線膀胱炎4例 (13.3%)
入院患者数
1,296人
外来患者数
4,414人
疾患名
転移性骨腫瘍43例
肺癌26例
乳癌25例
悪性リンパ腫7例
前立腺癌22例
食道癌17例
大腸癌8例
転移性リンパ節腫瘍12例
頭頚部癌14例
再入院
1例 (1.7%)
再手術
なし (0%)
合併症
放射線食道炎4例 (5.9%)
放射線肺炎2例 (2.9%)
皮膚潰瘍5例 (7.8%)
放射線直腸癌2例 (6.7%)
放射線膀胱炎4例 (13.3%)

外来担当医表・休診表

横浜市立みなと赤十字病院各科外来担当医表

診療科     備考
放射線科
- - - - -

放射線科

午前
-
-
-
-
備考
-

備 考
・受付時間 午前8時15分 ~ 午前11時00分
・診療開始時間 午前9時00分
・休診日
土曜日、日曜日
国民の祝日に関する法律に規定する休日
1月2日、1月3日及び12月29日から12月31日まで
・「再診」は、原則的に予約のみの診察です。
・予約のない方は、「新患・予約外」担当医が診察しますが、
 診療科によっては当日受診できない場合もありますので
 予めご了承ください。
*平成30年12月10日現在の情報であり、今後変更が生じます。
*外来担当医表に関するお問い合わせは当院外来業務課までお願いいたします。


横浜市立みなと赤十字病院
住所:横浜市中区新山下3-12-1
代表電話番号:045-628-6100

ページTOPへ