MENU

ブログMENU
最新の記事一覧
糖尿病看護認定看護師の紹介
静脈注射 基礎Ⅰ-③研修が開催されました
認知症看護認定看護師
こころのケア要員研修が開催されました
皮膚・排泄ケア認定看護師
過去記事一覧
カテゴリ一覧
部署紹介
ラダー研修
お知らせ
災害救護
アーカイブ一覧
2021年11月(11)
2021年10月(20)
2021年9月(14)
2021年8月(17)
2021年7月(18)
2021年6月(21)
2021年5月(17)
2021年4月(20)
2021年3月(25)
2021年2月(16)
2021年1月(18)
2020年12月(19)
2020年11月(17)
2020年10月(18)
2020年9月(21)
2020年8月(15)
2020年7月(20)
2020年6月(20)
2020年5月(24)
2020年4月(13)
2020年3月(13)
2020年2月(3)
2020年1月(5)
2019年12月(3)
2019年11月(9)
2019年10月(5)
2019年9月(3)
2019年8月(7)
2019年7月(14)
2019年6月(5)
2019年5月(4)
2019年4月(3)
2019年3月(6)
2019年2月(1)
2018年12月(4)
2018年11月(12)
2018年10月(8)
2018年9月(5)
2018年8月(9)
2018年7月(7)

2021/09/30

趣味についてインタビューしました!

画像1 画像2

こんにちは。7A病棟看護師Kです。今回は、私の同期2人、MさんとHさんの趣味についてインタビューしてみました。

Mさんはピアノが趣味だそうです。もともと金管楽器を部活でやっていたそうですが、部屋の中で吹いてしまうと近所迷惑になってしまうので電子ピアノを購入し、休日などを使って楽しんでいるそうです。

Hさんはリース作りにはまっているそうです。知り合いにリース作りを教えてくれる方がいらっしゃるそうで部屋に飾る用のリースを定期的に作っています。とてもかわいらしいリースをいつも作っています。

ちなみに私のマイブームはボディーイメージメイクです。きっかけはやせたいと思い、パーソナルトレーニングをやったことがきっかけでした。その時はやせることに必死でしたが、身体を動かして健康な食事をすることで身体が軽く感じられました。また、気分もすっきりしたりとプラスな面が多くあったため、今では趣味となっています。

皆さんも自分の趣味を見つけてプライベートを充実させていきましょう!!

2021/09/28

特定行為看護師の紹介

画像1

特定行為研修終了看護師 古田です
私は、昨年度、特定行為研修(2区分 3行為)を終えました。
4月から特定看護師としての活動を開始しています。
 
私は、創部ドレーン管理関連の研修をおえたので、、手順書に基づき皮下ドレーンの抜去を行うことが出来ます。現在は特に、乳がん手術術後のドレーン抜去を行っています。
 
所属は外来ですが、患者さんの手術創の状況やドレーン排液量の観察とアセスメントをより深く行うために手術直後から病棟に訪問したり、医師の回診に同行し、患者さんの状態について医師と情報共有を頻回に行うようにしています。
さらに、特定行為を看護に活かすため、患者さんの創部の受容はどうか、傷に対する疑問や不安はないか、退院後の生活で注意することはないかなど、退院指導に繋げられるように病棟の看護師と情報共有も行っています。必要時は、さらに外来看護師との継続看護につなげています。
 
これからも、特定行為を通じて、より深い病態アセスメントを行い、質の高い看護提供に繋げられるよう、日々努力していきたいと思っています。

2021/09/27

寄付を頂きました

画像1 画像2 画像3

看護副部長 福家です。
先日、ドミノ・ピザ様よりピザの差し入れを頂きました。

頂いたその枚数、ななななんと約600枚!!会議室が一度にピザで埋め尽くされました。
その時の写真があると良かったのですが、取りに来るスタッフたちの早いこと早いこと。
あっという間に約600枚がいろんな部門、部署のスタッフたちのおなかの中に消えていきました。
せめて届いた時の様子をご覧ください。
台車をいくつも運んでいる様子から、いただいた枚数の多さを実感していただけると嬉しいです。
ドミノ・ピザ様ありがとうございました!パリパリクリスピーでおいしかったです。

2021/09/21

「看護とコミュニケーション」という研修を受けてきました

画像1

こんにちは!6D病棟のYです。
暑い日が続いてますね~セミの鳴き声が心地よい日々です!夕焼けもとてもキレイですよね、ただ少し寂しいような気持ちにもなります。不思議です。

さて、今回は研修で学んだアサーションについてです!アサーションとは何か、ご存じですか?アサーティブとも言われますが、自己表現の考え方と方法のことを言います。
自分の気持ちや意見を大切にして、思ったことや感じていることを率直に正直に伝えると同時に耳を傾けるやりとりです。

看護師をはじめ対人援助職は人の役に立ちたいという気持ちがありアサーティブになりづらい傾向があるそうです。確かに、葛藤の強い場面や問題解決を図ることが必要な場合に、どうコミュニケーションを取ればいいのか難しいなと思うことがあります。
中でも研修を受けていて印象に残ったのは自分の気持ちを把握するということです。自分の気持ちや言いたいことがつかめていないとアサーティブにはなれないと学び、確かにそうだなとハッとしました。自分も相手も大切にした自己主張を意識していきたいなと思いました。

自分の力を信じ、相手の力を信じ、希望を持ち続けて看護を行いたいと思います!

2021/09/17

中央材料室を紹介します

画像1 画像2

看護副部長 福家です。
中央材料室は事務部門ですが、4月から看護管理者の配置により、5S活動が積極的に行われています。
その様子をご紹介します。

初めまして、中央材料部です。
 
「中央材料部」って?と思われるかもしれませんね。
中央滅菌室・・・というと、少しイメージが湧くでしょうか。
ここでは、院内中の手術や診療に使用する器械を、回収・洗浄・セット組み立て・滅菌・配達等の行程で保管管理を担っています。
今回は、最近のトピックスについてお知らせしたいと思います。
 
8月末より、他部署に一部委託していた病棟・外来で使用する既滅菌物(滅菌が終わった物品類)の保管・配達を完全に中央一元化しました。
それに伴い、既滅菌物の臨時受け渡し場所が滅菌室内のパスボックス運用に変更になりました。わざわざ下見に来られる看護助手さんもあり、大きな問題なくスタートすることができました。
 
現在は、24時間いつでも必要なものが取り出せるように、「病棟・外来チーム」がパスボックスの裏側から補充をしています。 
 
私たちは、患者さんとお会いすることはありませんが、後方支援部署として責任を持って清潔で安全な物品の提供に努力しています。
中央材料部・・聞きなれない部署だと思いますが、少しでも興味を持っていただければ幸いです。