MENU

ブログMENU
最新の記事一覧
看護部HPリニューアル!!
バレーボールサークル紹介
「みなと男子」HP完成!!
インフルエンザ予防接種はじめました
実践者ラダーレベルⅢ「退院支援研修」
過去記事一覧
カテゴリ一覧
部署紹介
ラダー研修
お知らせ
災害救護
アーカイブ一覧
2020年10月(18)
2020年9月(21)
2020年8月(15)
2020年7月(20)
2020年6月(20)
2020年5月(24)
2020年4月(13)
2020年3月(13)
2020年2月(3)
2020年1月(5)
2019年12月(3)
2019年11月(9)
2019年10月(5)
2019年9月(3)
2019年8月(7)
2019年7月(14)
2019年6月(5)
2019年5月(4)
2019年4月(3)
2019年3月(6)
2019年2月(1)
2018年12月(4)
2018年11月(12)
2018年10月(8)
2018年9月(5)
2018年8月(9)
2018年7月(7)

2020/10/26

看護部HPリニューアル!!

画像1

看護部HPはこちら→https://www.yokohama.jrc.or.jp/yokohama_nurse/


看護副部長 福家です。 かねてからお願いしていた看護部HPリニューアルがやっと完成しました!
今回のリニューアルの目玉は「みなと男子」「赤十字活動」のなかの「健康生活支援講習」そして「地域連携」です。
すでにもう「みなと男子」については、ブログ記事でお知らせしていますが、ほかのページもぜひご覧ください。
少しでも皆さんに看護部の様子を感じてもらえればと思っています。 これからも楽しみにしていてくださいね。

2020/10/25

バレーボールサークル紹介

画像1 画像2

~こんにちは!7D病棟のAです。
当院では様々なサークル活動を行っています。
今回は私が所属しているバレーボールサークルをご紹介します!

練習は不定期で月に3、4回あります。
場所は病院から徒歩5分ほどの距離にあるスポーツセンターで行っています。とても近いので仕事終わりにも参加することができます。
医師、看護師、コメディカルなど多職種が集まっています。そのため、職種や部署を超えたつながりができます。優しく、個性豊かなメンバーが沢山いるので、いつも楽しく和やかな雰囲気です♪

昨年度は8月に神奈川病院協会大会優勝し、9月に赤十字病院の東部大会に参加し準優勝しました!!
また、10月には大阪で開催された全国大会にも出場しました^^
今年度は大会等には参加できませんが、感染予防対策を徹底しながら活動を行っています。

時々「練習が厳しそうだなあ…。」といった声を聞くことがあります…。
しかし全然そんなことはなく、無理せず楽しく練習を行っています!
バレーボールで一緒に汗を流しましょう^^

2020/10/23

「みなと男子」HP完成!!

画像1

予てより取り組んでいた「みなと男子」のページが、ようやく完成しました。
働いている男性看護師の写真とともに、当院で活躍している男性看護師2名の看護師キャリア「僕の履歴書」紹介や同じ職場で働く医療スタッフからのコメント、当院での男性看護師の現状などが掲載されています。

当院へ就職希望の男性はもちろん、これから看護師を目指そうか悩んでいる男子学生さん、横浜で働いてみたい医療従事者の方など、是非一度覗いてみてください。

男性看護師のURLはこちらから➡https://www.yokohama.jrc.or.jp/yokohama_nurse/nurseman/

2020/10/22

インフルエンザ予防接種はじめました

画像2 画像3 画像4

看護部大坪です。寒くなってきましたね。
 
病院では職員のインフルエンザ予防接種が始まりました。病院で働いている職員はかなりの人数となるので、ソーシャルディスタンスを守りながら順番に接種していきます。
 
毎年のことではありますが、インフルエンザの予防接種は痛いですよね。それでも重症化を予防するために病院で働いている職員には是非接種をお願いしたいです。
予防接種をうけるときには緊張していると身体がこわばって硬くなるのでリラックスしてうけるようにしてくださいね。
 
そして手洗い・うがい・マスクの着用・3密を避ける行動を実施していきたいと思います。
 
新型コロナウイルスにもインフルエンザにも負けない身体と心で毎日頑張りましょう。

2020/10/21

実践者ラダーレベルⅢ「退院支援研修」

画像1

こんにちは。手術室Iです。
今回は、実践者ラダーレベルⅢ「退院支援」研修についてご紹介します。

今年はコロナの影響により、残念ながらDVDでの自己学習がメインとなっていますが、体験学習として、入退院支援センターや退院調整の実際について体験実習を行いました。
体験実習では、入退院支援センターでの面談場面を見学し、入院を控えた患者さんとの関わりの重要性を感じる事ができました。また、病棟では病棟看護師との退院調整カンファレンス場面、退院を控えた患者さん・家族への退院支援の実際を見学し、私たち医療者だけではなく、患者さん・家族の意思を尊重しながら退院支援を行うコーディネーターとしての役割を担っていることを知ることができました。
手術室で勤務をしていると、普段関わることがない分野のため新たな発見がとても多く、有意義な時間となりました。