MENU

ブログMENU
最新の記事一覧
中央材料室を紹介します
みなとセミナーについて(認知症研修)
教育担当 ナナミのQ&A
映画鑑賞とおやつ作り
周手術期についての勉強会をしました
過去記事一覧
カテゴリ一覧
部署紹介
ラダー研修
お知らせ
災害救護
アーカイブ一覧
2021年9月(10)
2021年8月(17)
2021年7月(18)
2021年6月(21)
2021年5月(17)
2021年4月(20)
2021年3月(25)
2021年2月(16)
2021年1月(18)
2020年12月(19)
2020年11月(17)
2020年10月(18)
2020年9月(21)
2020年8月(15)
2020年7月(20)
2020年6月(20)
2020年5月(24)
2020年4月(13)
2020年3月(13)
2020年2月(3)
2020年1月(5)
2019年12月(3)
2019年11月(9)
2019年10月(5)
2019年9月(3)
2019年8月(7)
2019年7月(14)
2019年6月(5)
2019年5月(4)
2019年4月(3)
2019年3月(6)
2019年2月(1)
2018年12月(4)
2018年11月(12)
2018年10月(8)
2018年9月(5)
2018年8月(9)
2018年7月(7)

2020/04/29

Smile Food Project❤

画像1 画像2 画像3 画像5

看護副部長の福家です。
本日、Smile Food Project 様よりおいしいお弁当をいただきました!
お弁当には、手書きのお弁当の説明やメッセージがついていました。
とてもあたたかい気持ちがこもったお弁当を配っていると、
新型コロナウイルス対応で緊張している院内の空気が、少しほぐれた様にも感じました。
またお弁当だけでなく、かわいらしいSmileのクッキーもいただきました。
届けた部署のスタッフ達からも笑顔がたくさんこぼれていました。
その様子を写真に納めました。ぜひご覧ください。


今回のSmile Food Project(スマイルフードプロジェクト)は、
「新型コロナウイルス感染症と最前線で闘う医療機関の皆さまに、
シェフたちが料理を届け、感謝と応援を伝えるプロジェクト」だそうです。
そのきっかけは、あるSNSの新型コロナウイルスにより、
想像も絶するような状態にあるフランスで、
現地の日本人シェフたちが医療機関に差し入れをしたという投稿を見た
シェフを中心とする有志が立ち上がり、4/13にSmile Food Projectを発足したと伺いました。

スタッフからの笑顔と
「おいしい!」
「久しぶりに外食した気分!」
「おなかいっぱいになった!」
との声が看護部に届きました。
Smile Food Project(スマイルフードプロジェクト)の皆様、ごちそうさまでした!!

2020/04/27

嚥下チーム活動(食事介助の様子)

画像1 画像2

こんにちは。看護部摂食・嚥下障害認定看護師の大坪です。

本日は嚥下チームや病棟看護師の食事介助の様子をお届けします。食事介助の際には先日から作成しているビニールエプロンを活用していますよ。

当院に入院される患者さんには、みなさん元の療養先に戻り入院前と同じように過ごすことができるよう、できるだけ経口からの食事摂取をすすめています。嚥下チームは全病棟の嚥下障害のある患者さんに介入し、食形態の調整や食事介助方法の指導などを行っています。在宅や施設へ退院される場合は、家族や施設の職員に来院していただき(現在はCOVID-19感染拡大防止のため面会は制限させていただいています)、食事の様子をみて一緒に介助をしていただいて退院後も不安なく生活できるように支援しています。

2020/04/25

手作りおはぎの差し入れ

画像1

こんにちは
看護副部長の曽我です。

看護部事務係長から手作りおはぎの差し入れをいただきました。
皆でお昼に頂いたところ、甘さの中にほんのり塩味を感じ
とてもおいしかったです。
写真は持ってきていただいたおはぎです。

忙しい毎日ですが、甘いおはぎと、優しい心使いにとっても癒されました。
そして、また明日からの働く活力になりました。

2020/04/24

5月病院見学会についてのお知らせ

5月9日、19日に予定していた、病院見学会ですが、
政府による緊急事態宣言の延長によっては
中止になる可能性があります。
ホームページで確認をお願いします。

2020/04/24

新型コロナウイルスと闘う患者さんとご家族に寄り添う

画像1

看護部長の間瀬です
新型コロナウイルスの患者さんを担当する部署の最前線の様子をお伝えしたいと思います。
当院では複数の病棟で重症・中等症の患者さんを受け入れています。
写真は防護具を来た看護師が患者さんに寄り添い話をしている場面です。
看護師は、患者さんがどのような病気であれ、人権を尊重しながら、
多くの制約がある中で精一杯の看護を提供できるよう患者さんの苦しみに向き合っています。
病棟の看護師一人ひとりがこのように患者さんと向き合う真摯な姿は、私も頭が下がります。
物資が少ない中で、医療を提供することは大きなストレスですが、
患者さんにはいつもの笑顔でプロとして接する当院の看護師は私の誇りです。

 

写真と動画をSNSで受け取った家族は、会えなくて寂しいと思っていましたが、
様子を知り苦しい表情をしていなくて良かった。と安心してくれました。
看護師は患者さんに会えないご家族の気持ちを察し、
患者さんの状態に合わせてITを上手く活用し家族にも寄り添っています。