MENU

ブログMENU
最新の記事一覧
中央材料室を紹介します
みなとセミナーについて(認知症研修)
教育担当 ナナミのQ&A
映画鑑賞とおやつ作り
周手術期についての勉強会をしました
過去記事一覧
カテゴリ一覧
部署紹介
ラダー研修
お知らせ
災害救護
アーカイブ一覧
2021年9月(10)
2021年8月(17)
2021年7月(18)
2021年6月(21)
2021年5月(17)
2021年4月(20)
2021年3月(25)
2021年2月(16)
2021年1月(18)
2020年12月(19)
2020年11月(17)
2020年10月(18)
2020年9月(21)
2020年8月(15)
2020年7月(20)
2020年6月(20)
2020年5月(24)
2020年4月(13)
2020年3月(13)
2020年2月(3)
2020年1月(5)
2019年12月(3)
2019年11月(9)
2019年10月(5)
2019年9月(3)
2019年8月(7)
2019年7月(14)
2019年6月(5)
2019年5月(4)
2019年4月(3)
2019年3月(6)
2019年2月(1)
2018年12月(4)
2018年11月(12)
2018年10月(8)
2018年9月(5)
2018年8月(9)
2018年7月(7)

2019/07/24

6D病棟

画像1

こんにちは
6D病棟ブログ担当のMです。

6D病棟は整形外科病棟です。
日々の看護は、手術前後の全身状態の観察に加えて、疼痛のコントロールを行いながら、患者さんの目標に向って多職種で連携し、リハビリ、退院・転院支援などを行っています。

怪我の受傷後から痛みと闘いながら、リハビリを頑張られた患者さんが笑顔で退院される時や、患者さんからいただく「ありがとう」という言葉にやりがいを感じられる素敵な部署です。
スタッフは明るく、忙しいときでも協力的に声を掛け合って日々の業務を行っています。

5月には新しく赴任された医師や看護師、理学療法士の歓迎会が開催されました。
新卒看護師を4名迎えてさらににぎやかな部署になってとても嬉しいです。
写真は歓迎会の時のものです。
これからも、患者さんの看護を皆で一緒に実践します!

 

 

2019/07/23

7B病棟

画像1

こんにちは、7B病棟ブログ担当のKです。
7B病棟は消化器内科病棟で、食道・胃・膵臓・肝臓・大腸・小腸の疾患を扱っており、急性期~慢性期、ターミナル期まで様々な患者さんが入院されています。
また、内視鏡治療が多いのも特徴の一つです。

入退院を繰り返す患者さんとの関わり、ターミナル期の患者さん、家族の意思決定支援などに難しさを感じることもありますが、病棟スタッフをはじめ、
他職種と連携しながら一緒に何ができるかを考え、支援しています。

今年度は新人看護師4名を迎え、さらにパワーアップしました。写真は歓迎会の時のものです。
先輩にも相談しやすく、お互いが声を掛けあい協力しながら業務を行うなど、
とても温かい雰囲気のある病棟です。

 

2019/07/17

採用試験合格者

令和元年7月14日(日)に行われた
看護師採用試験の
合格者を発表いたします。
 添付資料を確認してください。

2019/07/14

7C病棟

画像1

7C病棟ブログ担当のAです。

7C病棟は循環器内科、心臓血管外科の病棟です。主に心不全や心筋梗塞、心臓の手術をされる患者さんが入院され、日々の看護にあたっています。看護師の仲が良く、忙しい時は互いに声を掛け合いながら、よりよい看護が提供できるよう皆で協力しています。

今年度は新卒看護師が5名入職しました。
はじめは、先輩と一緒に患者さんを担当し、少しずつ受け持つ患者さんが増えます。
1年目の終わりには重症度の高い患者さんを看護できるように指導しています。

初めて行う看護技術は、最初に先輩の実践場面を見学し、次に先輩の見守りの元で実施し、その次に一人で実践するようにしています。
患者さんが安全安楽な医療・看護を受けられるよう、また新卒看護師も安心して看護ができるよう先輩方のサポートは非常に手厚いです。
写真は1年目の看護師がプリセプターからミキシングの指導を受けているところです。

7C病棟で皆さんをお待ちしています!

2019/07/13

手術室

画像1 画像2 画像3

手術室ブログ担当の、ばびいです。
当手術室は師長を含め45名の看護師(うち男性看護師4名)と
看護助手、クラークという大所帯です。
昨年は、ハイブリッド室が稼働し循環器科のアブレーション、
脳神経血管外科の血管内治療、5C病棟での帝王切開術が開始となりました。
放射線科看護師や5C病棟の助産師と、他部署と連携する機会が増え刺激的な1年でした。
 

今年度は心臓血管外科のTAVI(経カテーテル大動脈埋め込み術)の
開始に向けて、担当看護師2名を中心に様々な準備を行っています。
 

「手術室看護」は皆様の想像する看護師像とは違うかもしれません。
患者さんに安心して手術を受けていただけるよう努めていることは、
病棟の看護師と同じです。
これから手術室看護を目指そうかなと思う方、当院での手術を検討されている方の
情報源になるよう手術室の様子などをアップしていきたいと思います。


今回は、手術室の入り口から通路を写真で紹介します。
1枚目は、手術室の通常入口です。奥にハイブリッド手術室がみえます。
2枚目は、子供の目線で見えるように木のシールを貼り、患児が安心して入れるようにしました。
3枚目は、患児が実際に手術室へ向かう通路です。保護者の方にも安心していただけるように工夫しました。