神奈川県横浜市の臨床研修・専門研修病院

精神科専門研修プログラム

TOP > 専門研修(後期研修)プログラム > 精神科専門研修プログラム

プログラムの特徴

統括管理者
京野 穂集

神奈川県の精神科基幹病院の一つとして、精神科救急・身体合併症転院事業を担っています。救急外来経由の精神科急性期症例も豊富です。精神科医としてのファーストステップを総合病院精神科で行うことは今後の医師人生において大きな財産になると思います。

研修内容

精神保健指定医、精神科専門医取得に必要な症例を指導医陣の手厚いフォローのもと、主治医として経験してもらいます。連携施設(下記参照)でのローテ―ションも予定しています。精神科診断は外因、内因、心因の順に除外してゆく姿勢が重要ですが、総合病院での研修を通してその素養を十分磨くことができます。指定医、専門医試験のための症例レポート指導も丁寧に行っています。

研修ローテーションの例

1年目 みなと赤十字
2年目 みなと 東京医科歯科大学
3年目 都立広尾病院

指導医陣

京野穂集 精神科部長
     専門:精神科救急 精神医学全般
行実知昭 精神科副部長
     専門:精神医学全般 双極性障害
池井大輔 精神科副部長
     専門:精神医学全般 感染症対策
三瀬耕平 精神科医長
     専門:精神医学全般 強迫性障害

連携病院

東京医科歯科大学病院
東京都立広尾病院
東京都健康長寿医療センター
大宮厚生病院
横須賀共済病院
藤沢病院
相州病院

修了後の進路

当院のスタッフとして継続勤務して頂くほか、それぞれの希望に応じて、連携病院の紹介や大学院進学の支援を行いますが特に縛りはありません。

基幹病院 診療科別診療実績

病棟:全閉鎖50床
保護室5床
精神科救急合併症入院料取得

精神保健指定医4名
精神科医員2名
専攻医 2名
看護師 27名
臨床心理士 2名
専属PSW 2名

専攻医 指導実績

2016年度:旧制度3名
2017年度:旧制度3名
2018年度:1名(医科歯科プログラム)
2019年度:3名(1名大宮プログラム 2名神奈川県立)
2020年度:3名(医科歯科プログラム2、大宮1)

プログラム専攻医の声

橋本寛史先生
2014年  長崎大卒
2017年~ 当科専門研修プログラム

みなと赤十字病院の後期研修はあっという間に3年が過ぎました。
5床の隔離室を有する閉鎖病棟では、精神科救急を含め幅広く症例を担当することが出来ます。仕事内容は急性期の総合病院ならではで、入院・外来、身体合併症患者の受け入れ、身体科からのリエゾンや救急科、産婦人科のカンファレンスへの参加など多岐にわたります。日によりかなりの多忙さですが、医師を含め他職種のスタッフの皆さんもフットワークが軽く熱意をもって仕事に取り組まれており、日々学ばせていただいています。
また、みなとみらいや横浜中華街にも近く、仕事外でも充実した生活を送れるのではないかと思います。是非、見学にいらして下さい。

清水真央先生
2016年  岐阜大卒
2019年~ 当科専門研修プログラム

みなと赤十字病院は急性期の総合病院であるため、措置症例・身体合併症例として、精神科common diseaseの他にも初発の脳炎、てんかんなど珍しいケースを担当することもあります。
また病棟の雰囲気も和やかで医者・コメディカルともに相談しやすい雰囲気がありますが、加えて他科との連携もスムーズで、非常に良い雰囲気の中で仕事が出来ます。良い意味で人の入れ替わりもあるため、様々な考え方に触れることも出来ます。指定医・専門医の症例にも基本困らないので、良い後期研修を送ることが出来ると思います。

ページトップへ戻る