神奈川県横浜市の臨床研修・専門研修病院

臨床教育研修センター ご挨拶

TOP > 臨床教育研修センター > 臨床教育研修センター ご挨拶

教育研修推進室長
副院長・血液内科部長
山本 晃

横浜市立みなと赤十字病院は、2011年4月臨床教育研修センターを設置しました。当院は人材創りを最重要ミッションの一つと考え初期臨床研修はもちろん、専門研修を含めて病院全体で医師を育てる体制をつくりました。

国民が医師に求めているのは、専門性だけではなく、プロフェッショナリズムと職業倫理を備えた医師であると考えます。

病院独自の臨床研修指導医養成講習会を開催し、指導医の養成を積極的に行うなど、初期臨床研修で培ったノウハウを注入して、専門医になるまでの臨床教育をセンターとして病院の総力を結集して行うとともに、プログラムについては、透明性、客観性を確保する意味から外部委員を含むプログラム評価委員会で厳正に審査ならびに評価を行っていきます。

初期研修医や専門研修医(専攻医)の評価については、形成的評価を適切に行いながら研修医にフィードバックし、年度ごとに総括的評価を実施します。当院のプログラムで育った医師は必ずや国民の期待に応えられる立派な医師に成長すると確信しています。医学生、初期研修修了医師の挑戦を待っています。

臨床教育研修センタースタッフ

センター長 研修管理委員長:萩山 裕之(リウマチ科(膠原病リウマチ内科)部長)
副センター長 熊谷 二朗(病理診断科部長)
若林 良明(手外科・上肢外傷整形外科部長)
田口 享秀(耳鼻いんこう科・頭頸部外科部長)
ページトップへ戻る