神奈川県横浜市の臨床研修・専門研修病院

救急科専門研修プログラム

TOP > 専門研修(後期研修)プログラム > 救急科専門研修プログラム

※ プログラム(PDF)は昨年度版のプログラム本文です。
  更新・承認が済みましたら最新版にアップします

プログラムの特徴

統括管理者
中山 祐介

横浜市立みなと赤十字病院救急科は「断らない救急」をモットーに、集中治療部とともに連携して救命救急センターを運営しています。
「診断学」の救急部と「治療学」の集中治療部が一つになることで、幅広い領域の疾患への初期対応と、その後の高度な治療戦略を学ぶことができます。

研修内容

1年目は救急部に所属し、救急部スタッフとともに救急外来での患者の診断・治療からマネージメントなどを学びます。2年目になると救急外来での中心的役割を担えるようになり、その後、3年目にかけて地域医療研修などでより多くの症例を経験していきます。この間、集中治療部での研修もあり、入院後の治療を通じて疾病の一連の流れを習得します。救命救急センター全体で抄読会・症例検討会などを行ない、学会発表、論文作成などの学術活動などを通して4年目には救急科専門医取得を目指します。

研修ローテーションの例

4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年目 みなと赤十字 救急科
2年目 みなと赤十字 救急科 集中治療部
3年目 佐久医療センター みなと赤十字 救急科
4年目 みなと赤十字 救急科 専門医受験  

指導医陣

武居 哲洋  副院長・救命センター長
       専門:集中治療、敗血症、救急診療
中山 祐介  救急部長
       専門:救急診療、災害医療、外傷
永田 功   集中治療部長
       専門:集中治療、麻酔
藤澤 美智子 集中治療部副部長
       専門:集中治療、麻酔
高橋 哲也  救急部医長
       専門:外傷、血管内治療
山田 広之  集中治療部副部長
       専門:救急診療、集中治療
平田 晶子  集中治療部医長
       専門:救急診療、集中治療、災害医療

連携病院

けいゆう病院
東戸塚記念病院
産業医科大学病院
埼玉石心会病院
横浜総合病院
菊名記念病院
佐久医療センター
大森赤十字病院
聖隷横浜病院
防衛医科大学校

修了後の進路

当院スタッフとして、または連携病院などへの就職を斡旋しますが、大学院への進学やさらなる飛躍を目指した病院・組織などへの就職をお手伝いします。

救急車受入件数と応需率

専攻医 指導実績

2015年度:4名
2016年度:6名
2017年度:5名
2018年度:3名
2019年度:4名
2020年度:3名

プログラム専攻医の声

(左から:深澤医師 田中医師 朝蔭医師)

深澤 美葉 先生
2016年   山形大学医学部卒
2016-17年 自治医大初期研修医
2018年~  当科専門研修プログラム

最終的な専門は産婦人科を考えていましたが、どんな科でも遭遇し得る急変時に最低限対応出来るようになりたいと思い症例の豊富なみなと赤十字病院の救急専門研修プログラムを専攻しました。当院の専門研修プログラムは1次から3次まで様々な症例が集まるというだけでなく、自分の将来目標に合わせて色々なスケジュール・場所で研修出来るのが特徴だと感じます。

田中 康次郎 先生
2017年   三重大学医学部卒
2017-18年 災害医療センター初期研修医
2019年~  当科専門研修プログラム

私がみなと赤十字病院専門研修プログラムを希望した理由は、研修期間中に数多くの症例を経験し、医師としての経験を積むためです。救急対応を繰り返し診断能力を上げる事を目指し、病棟管理を行う事で治療能力の向上を目指します!毎日が充実しております!

朝蔭 あゆ 先生
2016年   聖マリアンナ医科大学医学部卒
2016-17年 亀田総合病院初期研修医
2018年~  当科専門研修プログラム

とにかく救急がやりたい、それもとりわけ災害に携わりたいという、振りかざしたまんま矛先のわからない情熱をもって飛び込んで来たのは1年前。それは決して裏切られることなく、多種多様のものすごい熱量を放つ患者様と指導医の先生方、コメディカルの方々に日々もみくちゃにされながら楽しく充実した闘いもとい研修をしています。

※ プログラム(PDF)は昨年度版のプログラム本文です。
  更新・承認が済みましたら最新版にアップします

ページトップへ戻る