腎臓内科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 腎臓内科

腎臓内科について

腎臓・高血圧内科

われわれ腎臓内科は信頼される医療を目標に内科的腎疾患の早期から進行した段階すべてにおいて最善の治療を提供できるように日々の診療を行っています。

◎腎臓内科の特徴
診療の対象となる疾患は多岐にわたります。大きく分けて3つの柱があります。
①内科的腎疾患
慢性糸球体腎炎、急速進行性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、
尿細管間質性腎炎、急性腎障害、慢性腎臓病(慢性腎不全)、多発性嚢胞腎
糖尿病性腎症、電解質異常(低Na血症、低K血症、低Mg血症)などがあります。

※多発性嚢胞腎に対する“嚢胞腎外来”を開設し、トルバプタン治療、合併症検索などを積極的に行っています。
多発性嚢胞腎専門外来について
多発性嚢胞腎とは
多発性嚢胞腎は腎臓の嚢胞が大きくなり、腎臓が低下し透析が必要な末期腎不全に至る遺伝性腎疾患です。30-40歳代まではほとんど症状がないといわれています。腎機能低下のスピードは個人差が大きく、中には生涯、腎機能が保たれる患者さんもいます。腎臓の嚢胞以外に高血圧症、脳動脈瘤や心臓弁膜症を合併することもあります。
多発性嚢胞腎
多発性嚢胞腎の診断
多発性嚢胞腎は遺伝性腎疾患では患者数が約31,000人と最も多く、約4,000人に1人が発症するといわれています。診断は、ガイドラインで示された手順に則って行われ、MRIまたはCTによる画像評価や家族歴の確認が必要となります。
多発性嚢胞腎の診断
多発性嚢胞腎の治療
多発性嚢胞腎と診断された場合、血圧管理や生活指導が行われますが、一定の条件を満たす場合には、抗利尿ホルモン受容体拮抗薬;トルバプタンの治療が勧められることもあります。トルバプタンには多発性嚢胞腎の進行抑制効果が期待されています。治療開始時には短期入院が必要です。こういった努力にも関わらず腎機能低下が進行した場合には、移植・腹膜透析・血液透析といった腎代替療法を行います。透析療法になった多発性嚢胞腎患者の生命予後は他疾患による腎不全患者と比較し良好といわれています。

当院では、多発性嚢胞腎の患者さんによりよい治療を提供するために専門外来として多発性嚢胞腎外来を開設しています。納得のいく治療が受けられるよう外来受診時にはご不安やご不明な点があればなんなりとおっしゃってください。
②血液浄化療法
血液透析療法 慢性腎不全、急性腎障害
腹膜透析療法 慢性腎不全
アフェレーシス療法(血漿交換、血液・血漿吸着療法、腹水濃縮療法 etc)

血液・腹膜透析療法に関わるaccessに対する治療
シャント作成、シャントPTA、腹膜透析カテーテル留置

③高血圧症
難治性高血圧症
二次性高血圧症

腎臓内科スタッフ

部長 :藤澤  一      日本内科学会認定医・専門医・指導医、日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医、難病指定医
東京医科歯科大学臨床教授

医員 :小林 信暉      日本内科学会認定医
吉田 真梨子         日本内科学会認定医
田邊 まどか         日本内科学会認定医
壺谷 友宏

医師紹介

部長 藤澤 一(ふじさわ はじめ)

専門分野

糸球体腎炎
慢性腎臓病
腎代替療法(腹膜透析、血液透析)
難治性高血圧症

専門医・認定医・指導医

日本内科学会認定内科医
日本内科学会専門医・指導医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
難病指定医
東京医科歯科大学臨床教授

医師

小林 伸暉(こばやし のぶてる)

医師

吉田 真梨子(よしだ まりこ)

医師

田邉 まどか(たなべ まどか)

医師

壺谷 友宏(つぼや ともひろ)

入院統計

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
入院患者症例数 281 301 394 408 537 532
慢性腎不全 106 145 194 165 335 337
ネフローゼ症候群 10 9 12 11 17 21
糸球体腎炎 17 19 32 32 36 54
急性腎障害 19 24 52 41 60 53
その他 129 92 104 91 90 68

特殊検査、治療

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
血液透析導入 26 27 25 34 32 36
腹膜透析導入 2 1 1 2 5 8
腎生検 22 23 27 25 36 45
バスキュラーアクセス手術 52 47 60 71 90 109
シャントPTA 20 29 77 106 164 153
腹膜透析関連手術 2 4 4 3 8 19

外来担当医表・休診表

横浜市立みなと赤十字病院各科外来担当医表

診療科     備考
腎臓内科
新患・再診 藤澤 一 田邉 まどか
小林 伸暉
源馬 拓 藤澤 一
壷谷 友宏
藤澤 一 -
特殊外来 ●嚢胞腎外来
■シャント外来
■シャント外来 ■シャント外来 ■シャント外来 ■シャント外来 ●11:00~12:00
再診のみ
■12:00~13:00
時間変動有

再診 藤澤 一 - - - - -
特殊外来 ☆腎代替療法選択外来 ☆腎代替療法選択外来 〇腹膜透析外来

☆腎代替療法選択外来
☆腎代替療法選択外来 〇腹膜透析外来
□嚢胞腎外来
☆腎代替療法選択外来
再診のみ
〇13:30~14:30
□15:30~16:30
☆14:30~15:30

腎臓内科

午前
新患・再診 藤澤 一
特殊外来 ●嚢胞腎外来
■シャント外来
新患・再診 田邉 まどか
小林 伸暉
特殊外来 ■シャント外来
新患・再診 源馬 拓
特殊外来 ■シャント外来
新患・再診 藤澤 一
壷谷 友宏
特殊外来 ■シャント外来
新患・再診 藤澤 一
特殊外来 ■シャント外来
備考
新患・再診 -
特殊外来 ●11:00~12:00
再診のみ
■12:00~13:00
時間変動有
午後
再診 藤澤 一
特殊外来 ☆腎代替療法選択外来
再診 -
特殊外来 ☆腎代替療法選択外来
再診 -
特殊外来 〇腹膜透析外来

☆腎代替療法選択外来
再診 -
特殊外来 ☆腎代替療法選択外来
再診 -
特殊外来 〇腹膜透析外来
□嚢胞腎外来
☆腎代替療法選択外来
備考
再診 -
特殊外来 再診のみ
〇13:30~14:30
□15:30~16:30
☆14:30~15:30

備 考
・受付時間 午前8時15分 ~ 午前11時00分
・診療開始時間 午前9時00分
・休診日
土曜日、日曜日
国民の祝日に関する法律に規定する休日
1月2日、1月3日及び12月29日から12月31日まで
・「再診」は、原則的に予約のみの診察です。
・予約のない方は、「新患・予約外」担当医が診察しますが、
 診療科によっては当日受診できない場合もありますので
 予めご了承ください。
*令和4年5月16日現在の情報であり、今後変更が生じます。
*外来担当医表に関するお問い合わせは当院外来業務課までお願いいたします。


横浜市立みなと赤十字病院
住所:横浜市中区新山下3-12-1
代表電話番号:045-628-6100

ページTOPへ