血液内科

Original Update by Dr.Farouk

HOME > 診療科・部門ご紹介 > 各診療科のご案内 > 血液内科

血液内科について

血液内科の特徴

 血液内科は、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄増殖性疾患などの造血器腫瘍、再生不良性貧血、血小板減少性紫斑病などを中心に、血液の病気全般にわたって診療しています。造血器腫瘍は、治癒をめざせるのが大きな特徴です。従来の化学療法、幹細胞移植に加え、分子標的療法、モノクローナル抗体、プロテアソーム阻害薬、免疫調節薬、CAR-T細胞療法などの新たな作用機序の治療法が急速に進歩しており、今まで難治と考えられていた患者さんも、治癒可能になりつつあります。

 当科の特徴は次の通りです。
・当院は診療科ごとの入院ベッド定数は無いため、必要に応じて迅速に入院できます。
・PET/CTを備えており、悪性リンパ腫、骨髄腫の厳密な評価ができます。
・個室の無菌室8床、幹細胞分離装置を備えており、末梢血幹細胞移植を行っています。
・見晴らしの良い24床の外来化学療法センターでは、快適に外来治療が受けられます。
・血液専門医4名、合計6名の血液内科医師チームで診療します。
・日本成人白血病治療共同研究グループ(JALSG)に参加しており、最先端の治療を行います。
・化学療法センター、がん化学療法看護認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師、緩和ケアチーム、歯科口腔外科、がんリハビリ、在宅往診医などとの多職種チーム医療を行います。
・体調が回復次第、できるだけ自宅で生活することをめざすので、他施設よりも平均在院日数は短く、16~17日間です。
・緩和ケア病棟があり、QOLを重視した治療を行います。
・カンファレンスを看護師、薬剤師、緩和ケアチームと毎週行い、化学療法と移植だけではなく、患者さんのライフスタイルに合わせて、在宅医療、緩和ケアも含めた医療を行います。

 医療従事者向けの資料や診療実績については、以下をクリックしてください。
 患者さん向けの説明や検査結果の見方については、さらに下をご覧ください。

患者さんへー当科のご紹介と血液の病気について

 血液の病気は、貧血、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、血小板減少性紫斑病、骨髄異形成症候群などで、名前からしてむずかしい病名のものが多いです。そこで、血液内科のご紹介と、血液の病気のご説明を簡単にしましょう。
 イラスト入りの説明や病気についてのリンク先は、下のボタンをクリックすると見られます。

血液検査の略語と説明(血液内科向け)

s34_15251761436167.png
 血液内科の病気は、採血の検査で診断され、治療の効果が数字でわかります。採血の検査結果は略語が多く、いったい何の検査で、どういう意味なのかわかりにくいと思います。そこで、血液内科の病気を中心に検査の略語・説明文を作りました。ご参考にしてください。
 患者さんに検査結果を見ていただき、病状を理解して、治療に参加していただくように役立てています。

血液内科の業績(がんセンター業績集より抜粋)

 当院のがんセンター業績集(2005~2014年)から、血液内科の業績を抜粋します。

医師紹介

副院長/血液内科部長 山本 晃(やまもと こう)

出身大学

東京医科歯科大学

医師免許取得年

1986年

専門分野

白血病
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫
骨髄異形成症候群
再生不良性貧血
血小板減少性紫斑病
造血幹細胞移植

専門医・認定医・指導医

日本専門医機構認定認定内科医・総合内科専門医
日本血液学会認定血液専門医・指導医・代議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
NPO日本臨床腫瘍学会暫定指導医 
日本専門医機構総合診療専門研修特任指導医 
東京医科歯科大学臨床教授 
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

副部長 齊藤 達也(さいとう たつや)

出身大学

山梨大学

医師免許取得年

2011年

専門分野

白血病
悪性リンパ腫
多発性骨髄腫
骨髄異形成症候群
再生不良性貧血
血小板減少性紫斑病
造血幹細胞移植

専門医・認定医・指導医

日本専門医機構認定認定内科医・総合内科専門医
日本血液学会認定血液専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医師 副島 麻衣(そえじま まい)

出身大学

東京医科歯科大学

医師免許取得年

2016年

専門分野

内科
血液内科一般

専門医・認定医・指導医

日本専門医機構認定内科専門医
日本血液学会認定血液専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

輸血部部長、血液内科兼任 坂下 千瑞子

専門分野

血液内科一般

専門医・認定医・指導医

日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医・指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本医師会認定産業医

医師

八木 真梨絵(やぎ まりえ)

医師

大島 健輔(おおしま けんすけ)

入院患者数

年度 2018 2019 2020 2021 2022
急性白血病 84 55 68 52 88
悪性リンパ腫 278 233 268 226 151
多発性骨髄腫 37 48 43 30 38
骨髄異形成症候群 69 22 10 13 35
慢性白血病 4 9 8 5 10
骨髄増殖性疾患 13 9 6 12 3
血小板減少症 20 27 13 13 32
血友病 2 2 1 0 0
再生不良性貧血 18 28 34 12 10
貧血 7 15 8 4 10
その他感染、ガン 10 8 9 8 8
その他感染、ガン 10 8 9 8 8
合計 542 456 468 375 385

平均在院日数

2018 2019 2020 2021 2022
17.0 17.2 19.0 18.1 19.4

外来担当医表・休診表

横浜市立みなと赤十字病院各科外来担当医表

診療科     備考
血液内科
新患・予約外 ●交代制 ■交代制 ●交代制 ●交代制 ●交代制 紹介状のみ予約制
緊急時は電話で相談
再診 - ■山本 晃 八木 真梨絵 齊藤 達也 大島 健輔 ●10時開始
■11時開始

再診 坂下 千瑞子 齊藤 達也
山本 晃 八木 真梨絵 山本 晃 -

血液内科

午前
新患・予約外 ●交代制
再診 -
新患・予約外 ■交代制
再診 ■山本 晃
新患・予約外 ●交代制
再診 八木 真梨絵
新患・予約外 ●交代制
再診 齊藤 達也
新患・予約外 ●交代制
再診 大島 健輔
備考
新患・予約外 紹介状のみ予約制
緊急時は電話で相談
再診 ●10時開始
■11時開始
午後
再診 坂下 千瑞子
再診 齊藤 達也
再診 山本 晃
再診 八木 真梨絵
再診 山本 晃
備考
再診 -

備 考
・受付時間 午前8時15分 ~ 午前11時00分
・診療開始時間 午前9時00分
・休診日
土曜日、日曜日
国民の祝日に関する法律に規定する休日
1月2日、1月3日及び12月29日から12月31日まで
・「再診」は、原則的に予約のみの診察です。
・予約のない方は、「新患・予約外」担当医が診察しますが、
 診療科によっては当日受診できない場合もありますので
 予めご了承ください。
*令和6年5月1日現在の情報であり、今後変更が生じます。
*外来担当医表に関するお問い合わせは当院医事課外来係までお願いいたします。


横浜市立みなと赤十字病院
住所:横浜市中区新山下3-12-1
代表電話番号:045-628-6100

ページTOPへ