MENU

緩和ケアセンター

  • 緩和ケアとは

  • 緩和ケアセンター

  • 緩和ケア病棟

  • 緩和ケアチーム

緩和ケアとは

重い病を抱える患者やその家族一人ひとりの身体や心などの様々なつらさを和らげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア(日本緩和医療学会)を指します。

これまで、“緩和ケア=終末期医療”というイメージが付きまとい、それは今でも根深く残っている現状があります。

しかし、現在の医療において、緩和ケアはがんと診断された早期から行うことが重要とされています。告知を受けた後のつらい気持ちや、治療の副作用やがんそのものによる身体のつらさ、仕事や家庭など社会生活をと治療との両立を図るうえで生じるつらさなど、“がんとの共生”が可能な時代だからこそ、患者さんやご家族ががんの治療を受けながら、自分らしい生活を送ることができるように身体や心のつらさを和らげる医療を提供します。

緩和ケアセンター

がんに関連する様々なつらさに対して、専門的なケアを提供しています。

当院緩和ケアセンターには、緩和ケアチーム、緩和ケア専門外来、緩和ケア病棟があります。緩和ケアチームでは、一般病棟に入院しがんや心不全の治療を受けている患者さんとご家族を対象に専門的な緩和ケアを提供し、緩和ケア専門外来では外来通院でがんの治療を受けている患者さんやご家族を対象としています。また、緩和ケア病棟では、専門的緩和ケアをうけることを目的に入院を希望される患者さんとご家族を対象にケアを行っております。

緩和ケア病棟

  • ご紹介動画

  • 病棟のご紹介

  • お申し込み

  • 緊急時の対応について

  • パンフレット

緩和ケア病棟のご紹介動画

緩和ケア病棟のご紹介

緩和ケア病棟では、痛みや息切れ、吐き気、眠れないなどの身体のつらさから、不安などの気持ちのつらさに至るまで、患者さんやご家族のつらさが少しでも和らぐように支えていきます。

当病棟では、症状がつらい時には入院いただきますが、一般の病院と同じように、症状を軽くして、また家で過ごしていただけるようにすることを目標としています。しかしながら、病状の進行に伴い、家で過ごすことがかえってつらい場合もありえますので、その際は、緩和ケア病棟が家のかわりとして過ごしていただけるように、環境を整えています。

抗がん剤や放射線治療など積極的な治療を行っている患者さんでも、将来的な入院希望で、緩和ケア病棟入院相談外来を受診いただくことは可能です。

入院につきましては、入棟基準を満たす必要がありますが、先着順での入院ではなく、病状やご家族の状況などに配慮し、入院の優先順位を随時見直しています。

当病棟は、地域の在宅診療の先生方との連携を重視しており、特に家で過ごされている患者さんの入院希望につきましては、できうる限り早急に対応いたします。

“あなたらしさを支える みなと かんわ”

をスローガンとし、皆様に信頼される病棟運営を心掛けています。

緩和ケア病棟入院の申し込みをご希望される方へ

緩和ケア病棟に入院をご希望される場合、事前に緩和ケア病棟入院相談外来の受診が必要です。

緩和ケア病棟入院相談外来受予約まで

  • 1. 必要書類
  • 紹介状・最新画像CD-R(かかりつけ医、医療機関で作成)
  • 連絡先(氏名・℡番号をメモ程度でよいので添付してください)

以上をがん相談支援センターへ郵送または持参して頂きます。
※ ご不明な点はがん相談支援センターにお問い合わせください。

  • 2. 書類確認後、担当者よりお電話でご連絡させて頂き、外来予約の日程を決定致します。

緩和ケア病棟入院相談外来 受診当日の流れ

  • 1. 外来受診はご本人の来院が難しい場合はご家族の代理受診でも構いません。
  • 2. 1階の新患受付にて『緩和ケア内科』の受診の手続きを行って下さい。
  • 3. 2階の緩和ケアセンターの入り口を入り、インターホンでお知らせください。
  • 4. 係の者がお伺いしますので右手の外来待合室にてお待ちください。お待ち頂く間に、問診表記入をお願い致します。(事前に記入をご希望の方は、用紙を印刷してご記入の上、当日お持ちください、)
  • 5. 外来で医師より緩和ケア病棟についてご説明致します。
  • 6. 看護師が病棟の見学をご案内いたします。
  • 7. ご利用のご希望があれば同意書にご署名を頂きます。(登録完了・期限はありません)

外来受診からご入院まで

  • 1. 後日入棟判定会議にて、入院に関する判定(可・不可・保留)を行います。
  • 2. 外来受診にて早期に入院が必要と判断した場合には可能な日程をご提案させて頂きます。
  • 3. 症状が辛くなった時など、将来的なご利用をご希望の場合には直通電話番号をお知らせいたします。
    入院を希望される時期にご家族(ご本人)様からお電話を頂き、入院の可能な日程をご相談させて頂きます。
    ※ 入院希望にあたっては、かかりつけ医・在宅医(ご入院中であれば、主治医・医療相談担当者など)にご相談の上ご連絡ください。
    ※ かかりつけ医・在宅医・主治医・訪問看護師・相談員などの医療従事者からご連絡頂き、病状についての情報提供や入院までの準備を双方で確認する場合もあります。

ご入院当日

  • 1. 緩和ケア病棟専用出入り口よりお越しください。ご到着されたらドアの横のインターホンにてお知らせください。入院の手続きは病室に到着されてから行います。
    午前10時30分到着を目安にお越しください。
  • 2. 緩和ケア病棟の担当医師が診察いたします。必要時、ご病状などについて医師からご家族やご本人にお話しいたします。
  • 3. ご入院に必要なものは、「緩和ケア病棟入院のご案内」をご参照ください。

緩和ケア病棟では患者さんやご家族様が安心して療養生活を送ることができます様に真心を込めた関わりを大切にしております。入院に関してご不安なことやご不明なことがあればお気軽にお尋ね下さい。

緊急時対応について

緊急時の対応につきましては、紹介元により対応が異なりますので、下記を参照ください。

院内(横浜市立みなと赤十字病院通院中の患者さん)からのご紹介
横浜市立みなと赤十字病院に通院中の患者さんは、現在おかかりの診療科での対応となります。
夜間休日でも当直医師が対応いたしますので、当院にご連絡ください。

院外(紹介元が横浜近傍の病院・診療所)からのご紹介
当院緩和ケア病棟では、夜間休日の緊急対応はできませんので紹介元の病院・診療所に連絡をお取りください。紹介元には、緊急時に対応くださるようお願いしております。

院外(紹介元が横浜以外、県外の病院・診療所)からのご紹介
当院緩和ケア病棟入院相談外来受診と並行して、あらかじめ緊急対応をしてくださる病院・診療所を決めていただく必要があります。
ご希望があれば当院がん相談支援センターでも、ご相談させていただきますので、外来予約時にお知らせください。

緩和ケアチーム

  • 緩和ケアチーム

  • 緩和ケア専門外来

緩和ケアチーム

一般病棟に入院し、がんの治療を受けている患者さんやご家族を対象に、緩和ケアチームが各病棟に回診し、からだや心のつらさを軽減するための専門的なケアを提供しています。がん患者さんだけではなく、心不全をはじめとする非がん患者さんのつらさにも対応しております。

緩和ケア専門外来

緩和ケア専門外来は、当院の外来に通院中の患者さんのみ診療をお受けしています。
外来日:毎週月曜日 午前のみ
場所:2階緩和ケアセンター

いずれも、診療を希望される方は、主治医、看護師、病棟薬剤師へお伝えください。