MENU

看護部長メッセージ MESSAGE

間瀬 照美
当院は設置主体が横浜市、経営が赤十字という公設民営では日本で初めての病院です。全国からスタッフが集まり、病院規模拡大・患者数増加に伴い、様々な機能が求められました。私達は安全な医療を提供したいという思いが皆共通だったため、チーム医療という独特の文化が育ちました。

看護部では、患者さんが入院されて地域に戻るまで、すべてをつなぐという発想から「つなぐ」というコンセプトが生まれました。専門知識や技術を増やすことだけでなく、患者さんの気持ちに寄り添う心を養う、そのような「質の高い医療人の育成」を目標としています。

救急から地域までをつなぐ、質の高い生活援助と患者さんの意思決定を医療チームで支える看護を提供していきます。

看護部長 間瀬 照美

看護部理念 PRINCIPLE

赤十字の理念と病院の方針に基づき、患者さんがその人らしく生活できるよう、
やさしく的確な看護を実践するために、たゆまず努力いたします。

  • 患者さん

    あらゆる健康レベルの人。患者とその家族はひとつの単位。

  • その人らしく
    生活できるよう

    基本的欲求が充足する。個人の持つ選択権、決定権、価値観を尊重する。

  • やさしく的確な
    看護を実践する

    看護師は欠けたる部分の担い手(知識・体力・意思力)であり、自立に向けた援助や生活行動の援助をする。
    医療チームの一員であり、根拠に基づき効果的な看護を実践する。

  • たゆまず努力
    いたします

    専門職として自己教育を行い続ける。

看護部方針 POLICY

赤十字の理念と病院の方針に基づき、患者さんがその人らしく生活できるよう
やさしく的確な看護を実践するために、たゆまず努力いたします。

1

安全で安心な看護を提供する

2

継続性・個別性を尊重した看護を提供する

2

地域や時代の要請に応えうる質の高い看護を
提供するために、自ら学ぶ姿勢を持つ