MENU

ブログMENU
最新の記事一覧
高校生1日看護体験のお知らせ
脳卒中リハビリテーション認定看護師
外来防災訓練 
精神科のベテラン看護師へインタビュー
精神保健福祉士さんの紹介
過去記事一覧
カテゴリ一覧
部署紹介
ラダー研修
お知らせ
災害救護
アーカイブ一覧
2022年5月(5)
2022年4月(17)
2022年3月(17)
2022年2月(10)
2022年1月(14)
2021年12月(7)
2021年11月(12)
2021年10月(20)
2021年9月(14)
2021年8月(17)
2021年7月(18)
2021年6月(21)
2021年5月(17)
2021年4月(20)
2021年3月(25)
2021年2月(16)
2021年1月(18)
2020年12月(19)
2020年11月(17)
2020年10月(18)
2020年9月(21)
2020年8月(15)
2020年7月(20)
2020年6月(20)
2020年5月(24)
2020年4月(13)
2020年3月(13)
2020年2月(3)
2020年1月(5)
2019年12月(3)
2019年11月(9)
2019年10月(5)
2019年9月(3)
2019年8月(7)
2019年7月(14)
2019年6月(5)
2019年5月(4)
2019年4月(3)
2019年3月(6)
2019年2月(1)
2018年12月(4)
2018年11月(12)
2018年10月(8)
2018年9月(5)
2018年8月(9)
2018年7月(7)

2021/02/22

放射線治療について

画像1 画像2

内視鏡・放射線科のTです。
今回はリニアック室での業務についてお話します。

放射線治療は根治治療と緩和治療があり、急性期から終末期まで幅広い適応があります。
さまざまな病状の患者さんが放射線治療を受けており、外来通院、入院で治療を実施するなど患者さんの状況により異なります。

放射線治療を行っている患者さんの中には疼痛のある方も多くいます。
疼痛コントロールを行い、苦痛を最小限にして治療が受けられるように医師、病棟看護師、放射線技師、緩和ケアチームとも連携を取りながら、治療できるように支援しています。

放射線治療を患者さんが完遂できるように身体的、精神的、社会的視点から患者さんを捉え、支援していきたいと思います。