災害救護

HOME > 災害救護 > 救護活動記録 > 東京国際空港航空機火災事故

平成28年5月 東京国際空港航空機火災事故

平成28年5月27日午後0時30分頃、東京国際空港(羽田空港)から金浦国際空港(韓国ソウル)へ向けて離陸中だった航空機の第1エンジンから火災が発生し、乗客が脱出避難する事故が発生しました。

当院では、国土交通省関東地方整備局東京空港整備事務所と日本赤十字社神奈川県支部との協定に基づき、直ちに救護班を東京国際空港へ派遣しました。

派遣期間 平成28年5月27日
派遣人員 救護班7名(医師2名、看護師3名、主事2名)
神奈川県支部職員2名、東京都支部職員2名
派遣先 東京国際空港 国際線ターミナル
活動内容 離陸時にエンジンから出火した航空機から避難した乗客に対する医療救護活動

ページTOPへ