横浜市立みなと赤十字病院 アレルギーセンター

受付時間:午前8時15分~午前11時

業績集

論文発表

【アレルギー科】

  • 中村陽一:気管支喘息長期管理における呼吸機能と気道過敏性の改善に関する検討 独立行政法人環境再生保全機構委託業務 「気管支ぜん息患者の年齢階層毎の長期経過・予後に関する研究」平成16年度報告書,2005
  • Ogawa H, Nakamura Y, Tokinaga K, Sakakura N, Yamashita M. [Case of interstitial cystitis accompanied by food allergy]Arerugi 54(7):641-645,2005
  • Manabe K,Nishioka Y,Kishi J,Inayama M,Aono Y,Nakamura Y,Ogushi F,Bando H,Tani K,Sone S. Elevation of macrophage-deried chemokine in eosinophilic pneumonia: a role of alveolar macrophages. J Med Invest 52(1,2):85-92,2005
  • Matsushima R,Takahashi A,Nakaya Y,Miki M,Nakamura Y,Michishige F,Yoshinaga S,Maezawa H,Yasuoka S. Trypsin-like activities and human airway trypsin-like protease (HAT) levels in airway secretions from healthy subjects and patients with chronic airway diseases. Proc Airway Secret Res 7,2005
  • 中村陽一:環境と気管支喘息 臨床環境医学 第15巻第1号:15-18,2006
  • 鈴木慎太郎、中村陽一、川野 豊、西岡 清:納豆による遅発性アナフィラキシーを繰り返した1例 アレルギー 第55巻第7号:832-836,2006
  • 中村陽一:気管支ぜん息長期管理における呼吸機能と気道過敏性の改善に関する検討 独立行政法人環境再生保全機構委託業務「気管支ぜん息患者の年齢階層毎の長期経過・予後に関する研究」平成17年度報告書,2006
  • 河野徹也、山本晃義、黒川幹夫、三船由美子、竹内伸司、林 章人、手塚敏史、中村陽一:スギ花粉症合併喘息患者における吸入ステロイド薬を経鼻的に呼気流出したときの鼻炎症状に対する効果 喘息 Vol.19 No.4:72-76,2006
  • Matsushima R,Takahashi A,Nakaya Y,Maezawa H,Miki M,Nakamura Y,OhgushiF,Yasuoka S. Human airway trypsin-like protease stimulates human bronchial fibroblastproliferation in a protease-activated receptor-2-dependent pathway. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 290(2):L385-395,2006
  • Ogawa H,Nakamura Y,Inoue S,Ogushi F,Ogura H. Toluene Diisocyanate (TDI) Induces Production of Inflammatory Cytokines and Chemokines by Bronchial Epithelial Cells via the EGFR and p38 MAP Kinase Pathways. Exp Lung Res 32:245-262,2006
  • Ishikawa M,Nishioka M,Hanaki N,Miyauchi T,Kashiwagi Y,Miki H,Kawasaki Y,Kagawa H,Ioki H,Nakamura Y. Postoperative host responses in elderly patients after gastrointestinal surgery. Hepato-Gastroenterology 53:730-735,2006
  • 鈴木慎太郎、中村陽一:醤油に添加された魚類抽出物による口腔アレルギー症候群が強く疑われた1例 昭和医学会雑誌 第67巻:第1号 :87-91,2007
  • 鈴木慎太郎、中村陽一:経口グリチルリチン酸製剤(グリチロン)によるアナフィラキシーショックが疑われた1例 日赤医学 第57巻:第2号:383-386,2007
  • 中村陽一:環境と気管支喘息 臨床環境医学 第15巻第1号,2007
  • 鈴木慎太郎、中村陽一、足立 満:喘息の治療・管理におけるEasy Asthma Programの有用性の検討 日本呼吸器学会雑誌 第45号:第4号,2007
  • 鈴木慎太郎、中村陽一、西岡 清、足立 満:Prick by Prick Testが診断に有用だったアワビによるアナフィラキシーの1例 アレルギー 第56巻第6号:593-597,2007
  • 鈴木慎太郎、中村陽一、川野 豊、西岡 清:納豆による遅発性アナフィラキシーを繰り返した1例 アレルギーの臨床 第27巻:第10号:784-787,2007
  • 中村陽一:独立行政法人環境再生保全機構委託業務 気管支喘息患者の年齢階層毎の長期経過・予後に関する研究「気管支喘息長期管理における増悪原因としての環境因子の影響に関する検討」平成18年度報告書,2007
  • 中村陽一:独立行政法人環境再生保全機構委託業務 気管支喘息患者の年齢階層毎の長期経過・予後に関する研究「気管支喘息長期管理における増悪原因としての環境因子の影響に関する検討」平成19年度報告書,2008
  • 中村陽一:厚生労働科学研究費補助金 免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業「ユビキタス・インターネットを活用したアレルギー疾患の自己管理および生活環境改善支援システム、遠隔教育システム、患者登録・長期観察システムに関する研究」平成20年度報告書,2009
  • 中村陽一:独立行政法人環境再生保全機構委託業務 気管支喘息患者の年齢階層毎の長期経過・予後に関する研究「気管支喘息長期管理における増悪原因としての環境因子の影響に関する検討」平成20年度報告書,2009
  • Ishikawa M,Nishioka M,Hanaki N,Miyauchi T,Kashiwagi Y,Ioki H,Kagawa H,Nakamura Y. Perioperative immune responses to in cancer patients undergoing digestive surgeries. World J Surg Oncol 12(7):7,2009
  • 中村陽一:厚生労働科学研究費補助金(免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業)ユビキタス・インターネットを活用したアレルギー疾患の自己管理および生活環境改善支援システム、遠隔教育システム、患者登録・長期観察システムに関する研究「成人喘息の自己管理支援システム(携帯電話による呼吸機能モニタリング)に関する研究」平成21年度報告書,2010
  • 中村陽一:独立行政法人環境再生保全機構委託業務 気管支喘息患者の年齢階層毎の長期経過・予後に関する研究「気管支喘息長期管理における増悪原因としての環境因子の影響に関する検討」平成21年度報告書,2010
  • 中村陽一:専門医のためのアレルギー学講座Ⅹ アレルギー疾患の早期治療介入 トピックス1「屋外環境因子と喘息の予防・管理-喘息増悪への影響に関するエビデンスと調査研究の試み-」 アレルギー 第60巻第11号:1505-1515,2011
  • 駒瀬裕子、荒井康男、笠原慶太、金子 猛、工藤 誠、國分二三男、高橋 宏、滝澤 始、谷口正実、中村陽一、西川正憲、蜂須賀久喜、平居義裕、三浦溥太郎、秋山一男:神奈川県における喘息患者の長期管理に関する実態調査(2009年度版)-薬剤師に対するアンケート調査- アレルギー・免疫 第18巻第3号:118(418)-123(423),2011
  • 中村陽一、荒井康男、笠原慶太、金子 猛、工藤 誠、國分二三男、駒瀬裕子、高橋 宏、滝澤 始、谷口正実、西川正憲、蜂須賀久喜、平居義裕、三浦溥太郎、秋山一男:神奈川県における喘息患者の長期管理に関する実態調査(2009年度版)-医師に対するアンケート調査- アレルギー・免疫 第18巻第3号:110(410)-116(416),2011
  • 西川正憲、小野容明、松下尚憲、楠原範之、高田信和、高橋正光、宮川政昭、寺内康夫、松葉育郎、長谷 章、富田さつき、橋本隆平、加藤秀継、宮入 朗、中村陽一、駒瀬裕子、滝澤 始、秋山一男、中 佳一:神奈川県下休日夜間急患診療所における成人喘息に関わる診療実態-神奈川県内科医学会呼吸器疾患対策委員会・アンケート調査の結果- 神奈川医学会雑誌 第38巻第2号:8-14,2011
  • 西川正憲、小野容明、松下尚憲、楠原範之、高田信和、高橋正光、宮川政昭、寺内康夫、松葉育郎、長谷 章、富田さつき、橋本隆平、加藤秀継、宮入 朗、中村陽一、駒瀬裕子 滝澤 始、秋山一男、中 佳一:神奈川県における成人気管支喘息診療の実態-神奈川県内科医学会呼吸器疾患対策委員会・アンケート調査の結果- 神奈川医学会雑誌 第38巻第2号:1-7,2011
  • 中村陽一:厚生労働科学研究費補助金(免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業)ユビキタス・インターネットを活用したアレルギー疾患の自己管理および生活環境改善支援システム、遠隔教育システム、患者登録・長期観察システムに関する研究「成人喘息の自己管理支援システム(携帯電話による呼吸機能モニタリング)に関する研究」 平成22年度報告書,2011
  • 中村陽一:独立行政法人環境再生保全機構委託業務 気管支喘息患者の年齢階層毎の長期経過・予後に関する研究「気管支喘息長期管理における増悪原因としての環境因子の影響に関する検討」平成21~22年度総括報告書,2011
  • 中村陽一:独立行政法人環境再生保全機構委託業務 気管支喘息患者の年齢階層毎の長期経過・予後に関する研究「気管支喘息長期管理における増悪原因としての環境因子の影響に関する検討」平成22年度報告書,2011
  • 西川正憲、小野容明、中村陽一、駒瀬裕子、金子 猛、滝澤 始、秋山一男、中 佳一:喘息予防・管理ガイドライン2009の準拠状況からみた成人喘息診療の実態 神奈川県内科医学会呼吸器疾患対策委員会・アンケート調査 アレルギー・免疫 第19巻:第1号:126-136,2011
  • 西川正憲、小野容明、松下尚憲、楠原範之、高田信和、高橋正光、宮川政昭、寺内康夫、松葉育郎、長谷 章、富田さつき、橋本隆平、加藤秀継、宮入 朗、中村陽一、駒瀬裕子、金子 猛、滝澤 始、秋山一男、中 佳一:神奈川県における成人気管支喘息診療の実態 神奈川県内科医学会呼吸器疾患対策委員会・アンケート調査の結果 神奈川医学会雑誌 第39巻:第1号,2012
  • 中村陽一:5-4章「三次予防」:喘息予防・管理ガイドライン2012 (社)日本アレルギー学会喘息ガイドライン専門部会編 協和企画 77-83,2012
  • 中村陽一:8-4章「思春期および20代早期の喘息」:喘息予防・管理ガイドライン2012 (社)日本アレルギー学会喘息ガイドライン専門部会編 協和企画 214-215,2012
  • 中村陽一:日常診療で遭遇する成人アナフィラキシーの最前線 アレルギー 第62巻6号:673‐680,2013
  • 中村陽一:専門医のためのアレルギー学講座 環境因子とアレルギー トピックス3「内科領域におけるアレルギーと環境因子-気管支喘息の増悪因子を中心に-」 アレルギー 第63巻第10号:1298-1303,2014

【小児科】

  • Kawano Y, Saeki T, Noma T. Effect of lecithin-bound iodine on the patients with bronchial asthma. International Immunopharmacology 5: 805-10, 2005
  • Kawano Y, Morikawa M, Watanabe M, Ohshiba A, Noma T, Odajima H. Fetal growth promotion in allergic children. Asian Pacific Journal of Allegy and Immunology16: 354-6, 2005
  • Kawano Y, Morikawa M, Watanabe M, Ohshiba A, Noma T, Odajima H. A study of the factors responsible for the development of allergic diseases in early life. Asian Pacific Journal of Allegy and Immunology 23:1-6, 2005
  • 磯崎 淳、小川倫史、野間 剛、川野 豊、中村陽一:小児救急(時間外)診療における即時型食物アレルギー患児の臨床的検討 日本小児アレルギー学会誌 21:679-684,2007
  • 正田哲雄、畠山淳司、磯崎 淳、小川倫史、野間 剛、中村陽一、川野 豊:まむしウマ抗毒素によるアナフィラキシーの1例 日本小児アレルギー学会誌 22:357-362,2008
  • 磯崎 淳、正田哲雄、畠山淳司、松原圭子、山本敦子、由井崇子、小林賢司、山本真弓、河野哲也、中村陽一、川野 豊:著明な好酸球増多を伴ったRSウイルス気管支炎の男児例 臨床免疫・アレルギー科 49:116-120,2008
  • 磯崎 淳、川野 豊、正田哲雄、小川倫史、野間 剛、山本真弓、河野 徹、中村陽一、西岡 清:横浜市における乳児早期アレルゲン検査とアレルギー疾患発症予知 アレルギー・免疫 15:1100-1106,2008
  • 磯崎 淳、正田哲雄、川野 豊:乳児牛乳アレルギーの臨床的検討 Medical Postgraduates 46:280-285,2008
  • 磯崎 淳、柏﨑ゆたか、畠山淳司、渡邉友博、正田哲雄、白井謙太朗、由井崇子、山井晶子、小林賢司、河野徹也、中村陽一、川野 豊:電子カルテによるクリニカルパスを使用した食物負荷試験の経験 小児科 49:1927-31,2008
  • 磯崎 淳、川野 豊、正田哲雄、畠山淳司、小川倫史、野間 剛、中村陽一:日誌との比較による小児喘息コントロールテストの有用性の検討 日本小児アレルギー学会誌 22;787‐794,2008
  • 磯崎 淳、川野 豊、正田哲雄、山出晶子、小川倫史、野間 剛、河野徹也、中村陽一:呼吸機能、呼気一酸化窒素を指標としたJapanese Pediatric Control Program(JPAC)と小児喘息コントロールテスト(Childhood Asthma Control Test:C-ACT)の比較検討 アレルギー 58:648-656,2009
  • 磯崎 淳、川野 豊、正田哲雄、山出晶子、小川倫史、野間 剛、河野徹也、中村陽一:呼吸機能、呼気一酸化窒素を指標とした小児喘息コントロールテスト(Childhood Asthma Control Test:C-ACT)の検討 臨床免疫・アレルギー科 52:252-256,2009
  • 磯崎 淳、正田哲雄、河野徹也、中村陽一、齋藤綾子、矢崎重義、寺道貴恵、寺道由晃、川野 豊:JPAC(Japanese Pediatric Asthma Control program)を用いた小児気管支喘息地域連携長期管理パス 小児科 50:2213‐2218,2009
  • 正田哲雄、磯崎 淳、小川倫史、野間 剛、中村陽一、川野 豊:ヒスタミンの関与が考えられた寒冷蕁麻疹の一男児例 日本小児アレルギー学会誌 24:151-154,2010
  • 磯崎 淳、川野 豊、正田哲雄、三村 尚、小川倫史、野間 剛、河野徹也、中村陽一:Japanese Pediatric Asthma Control Program(JPAC)、小児喘息コントロールテスト(Childhood Asthma Control Test:C-ACT)と呼吸機能、呼気一酸化窒素の経時的変化の検討 アレルギー 59:822-830,2010
  • 磯崎 淳、河野徹也、川野 豊、中村陽一:貯蔵庫ダニ(storage mite)摂取によるアナフィラキシーと診断した1例―本邦報告例のまとめ― 臨床免疫・アレルギー科 55:378-382,2011
  • Shoda T, Isozaki A, Kawano Y. Food Protein-Induced Gastrointestinal Syndromes in Identical and Fraternal Twins. Allergol Int 60:103-8, 2011
  • 正田哲雄、磯崎 淳、三村 尚、小川倫史、野間 剛、中村陽一、川野 豊:長期管理中の小児気管支喘息患者における新型インフルエンザの影響 日本小児アレルギー学会誌 25:104‐107,2011
  • 磯崎 淳、正田哲雄、三村 尚、小川倫史、野間 剛、河野徹也、中村陽一、川野 豊:喘鳴発作で入院した乳幼児の臨床背景による階層的クラスター分析の試み アレルギー 60:586‐592,2011
  • 磯崎 淳:気管支喘息患児におけるIOS(MostGraph-01)の測定 アレルギーの臨床 31;80‐83,2011
  • 磯崎 淳、田中 晶、遠藤順治、中村陽一:気管支喘息患児におけるFeNOと呼吸機能の季節変動に関する検討 臨床免疫・アレルギー科 56: 468‐472,2011
  • 磯崎 淳、正田哲雄、三村 尚、高橋匡輝、白井謙太朗、古島わかな、川野 豊:パンデミックインフルエンザA(H1N1)2009により呼吸器症状のため入院した患児の臨床病像と胸部レントゲン像の検討 日赤医学 62:322‐327,2011
  • Isozaki A, Shoda T, Tanaka A, Sugai K, Nakamura Y, Yokota S. Prevalence of gastroesophageal reflux of wheezers in infancy and early childhood. J Aller Ther S4; doi: 10.4172/2155-6121.S4-002, 2011
  • Isozaki A, Tanaka A, Kikuchi N, Sugai K, Nakamura Y, Yokota S. Oxidative stress of Kawasaki disease: comparison between acute and convalescent phase along with administration of IVIG. Pediatr Therapeut 1:3; doi: 10.4172/2161-0665.1000105, 2011
  • 田中 晶、磯崎 淳、菊池信行、遠藤順治、中村陽一:カシューナッツ摂取によるアナフィラキシーの1歳男児例 小児科 53:1257‐1260,2012
  • 磯崎 淳、田中 晶、菊池信行、菅井和子、遠藤順治、中村陽一:2歳未満の鶏卵アレルギー患児への卵ボーロ負荷試験の後方視的検討 臨床免疫・アレルギー科 58:246‐250,2012
  • 磯崎 淳、田中 晶、小張真吾、菊池信行、遠藤順治、中村陽一:3-Dグラフィック呼吸抵抗検査(MostGraph-01®)を用いた気道可逆性試験による気管支喘息の診断 小児科 54:1373‐1376,2012
  • Isozaki A, Kobari S, Tanaka A, Kikuchi N, Ando E, Sugai K, Endo J, Nakamura Y. Detection of asthmatic cough on basis of bronchodilator responsiveness by the forced oscillation technique and 3-dimentional imaging: A case report. J Clin Case Rep 2012, 2:14 http://dx.doi.org/10.4172/2165-7920.1000199
  • Isozaki A, Tanaka A , Sugai K, Endo J, Nakamura Y, Yokota S. Correlations between the parameters of Mostgraph-01, a new instrument for measuring respiratory impedance by the oscillation technique, and respiratory function in children with asthma. Scientificreport 2012;1:7 http://dx.doi.org/10.4172/scientificreports.365
  • 磯崎 淳、小張真吾、田中 晶、安藤枝里子、遠藤順治、中村陽一:SACRA質問票を用いた気管支喘息患児における鼻炎症状と喘息コントロール状態の検討 臨床免疫・アレルギー科 61;235‐240,2014
  • 磯崎 淳、小張真吾、田中 晶、安藤枝里子、中村陽一:気管支喘息患児における強制オッシレーション法(MostGraph)による呼吸抵抗・リアクタンス値と呼吸機能検査の変化の検討 日本小児アレルギー学会誌 28:111-118,2014
  • 小張真吾、磯崎 淳、田中 晶、安藤枝里子、中村陽一:気管支喘息患児における強制オッシレーション法による呼吸抵抗・リアクタンス測定(MostGraph)の再現性 臨床免疫・アレルギー科 61:462-466,2014
  • 磯崎 淳、田中 晶、山崎真弓、安藤枝里子、中村陽一:乳幼児難治性喘鳴患児におけるHigh Resolution Computed Tomography(HRCT)による気管支壁の測定 臨床免疫・アレルギー科 63:102-6,2015
  • 安藤枝里子、磯崎 淳、小張真吾、田中 晶、中村陽一:気管支喘息患児におけるサルメテロール/フルチカゾンプロピオン酸エステル配合剤への変更にみる強制オッシレーション法における呼吸抵抗・リアクタンスの鋭敏性 呼吸 34:83-7,2015
  • 小張真吾、磯崎 淳、田中 晶、安藤枝里子、中村陽一:非イオン性ヨード造影剤にてアナフィラキシーをおこした気管支喘息既往のない10歳女児例 小児科 56:91‐4,2015

【看護部(小児科)】

  • 水野桂子、兼松直子、石井靖子、田中 晶、磯崎 淳:アレルギーチーム結成後の小児気管支喘息患者用パス導入による看護師の喘息指導の実施に関わる検討 小児難治性喘息アレルギー疾患学会雑誌 10:269-274,2012

【薬剤部(小児科)】

  • 猪子英恵、森 美奈子、井口恵美子、高橋弘充、磯崎 淳、山形光正:小児気管支喘息児への吸入指導の現状と薬薬連携の試み 薬事新報 2740:681-685,2012
  • 猪子英恵、森 美奈子、井口恵美子、高橋弘充、磯崎 淳、山形光正:小児気管支喘息児への吸入指導の現状と薬薬連携の試み 神奈川県病院薬剤師会誌 130:2-4,2012

【膠原病リウマチ内科】

  • Setoguchi M, Okishige K, Sugiyama K, Shimura T, Maeda M, Aoyagi H, Kurabayashi M, Azegami K, Hagiyama H, Isobe M.(2009) Sudden cardiac death associated with Churg-Strauss syndrome. Circ J. 73(12):2355-9.
  • Nakazono S, Nojima K, Kumagai J, Hagiyama H, Yokozeki H, Namiki T. Amicrobial pustulosis-like rash associated with systemic lupus erythematosus. J Dermatol. (2014);41(4):359-60.